歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

月乃助が「初春新派公演」鏡開きで新派入団ご挨拶

月乃助が「初春新派公演」鏡開きで新派入団ご挨拶

 

 

 1月2日(土)、三越劇場「初春新派公演」が初日を迎え、出演者による鏡開きが行われました。

月乃助が「初春新派公演」鏡開きで新派入団ご挨拶

 例年どおり初売りで賑わう三越本店の中央ホールに、「初春新派公演」に出演する波乃久里子、市川月乃助、大和悠河、そして、『糸桜』上演前の月乃助入団のご挨拶に出演する水谷八重子が登場し、『新年踊り初め』で華やかな踊りを披露する新派女優陣が艶やかな姿でずらりと並ぶと、ホールのあちこちから拍手と歓声が上がりました。

 

月乃助が「初春新派公演」鏡開きで新派入団ご挨拶

 「お正月に仲間とここに来られてうれしい」と、水谷が初春の恒例行事に参加できることを喜び、「今年も1月の三越劇場から始まる新派、うれしゅうございます」と、波乃も初芝居の開幕に向けて高揚する気持ちを表しました。その二人が今年何よりもうれしいと言ったのが、月乃助の劇団新派入団です。この初日をもって月乃助は、新派俳優としてデビューを果たします。

 

歌舞伎俳優から新派俳優へ

 「本日より長年お世話になりました歌舞伎界から劇団新派へ入団させていただくことになりました。こののちは、新派の名を汚すことのないよう、新派俳優として誇りをもって精進してまいる覚悟でございます。新派俳優市川月乃助を、歌舞伎俳優市川月乃助と変わらぬご支援を賜りますよう、どうぞ、皆様よろしくお願いいたします」。月乃助が力強い声で入団宣言をすると、大きな拍手と声援がホールの吹き抜けに響き渡りました。

 

月乃助が「初春新派公演」鏡開きで新派入団ご挨拶

 「今日、こうして新派俳優として来させていただいて、雲が晴れたというか、目が開いたというか、不思議な心境です。まだ舞台に立っていないので、実感は沸いてこないのですが」と語る月乃助の言葉には、並々ならぬ決意が感じられました。「やるなら徹底的にやれという精神の持ち主」である猿翁を師と仰ぎ、歌舞伎の道を歩んできた月乃助ですが、「最終的に新派に入る、その背中を押していただいた」と振り返りました。

 

 化粧をするとき頭に巻く羽二重に、歌舞伎の隈取の跡が残っているのを見て「ちょっと感慨深いものがあった」と明かしつつも、気持ちは晴れやかと語った月乃助。「(新派入団は)勇気ある決断です。新たに一からやり直すんですから」と波乃が月乃助に話すと、「でも、今まで身につけていらしたものは無駄じゃない。財産として新派に持ってきてくださったという思いでおります」と水谷が続け、先輩俳優二人の温かい眼差しに月乃助も笑顔で応えていました。

 

新作で新年の幕を開ける

月乃助が「初春新派公演」鏡開きで新派入団ご挨拶

 上演される『糸桜』は河竹黙阿弥作品を守ろうとする愛娘、糸の苦悩と生涯を描いています。河竹家に養子に入った繁俊、嫁いできたみつ、「血のつながらない三人の絆の物語」(波乃)ですが、月乃助は「自分が思いも描かなかった人生を歩まれた繁俊先生が、自分にリンクしているように感じる」と言います。みつ役の大和は「新派に出させていただくことが光栄。皆様に喜んでいただけるように演じてまいりたい」と目を輝かせました。

 

 初春気分を盛り上げる『新派踊り初め』では、艶っぽく踊るだけでなく、「午後の部では男役で踊らせていただきますので、何度でも足をお運びください」と大和が呼びかけ、出演者一同、新作初演の初日を迎える緊張感を抑えて、にこやかな笑顔を振りまきながら劇場へと向かいました。

 三越劇場「初春新派公演」は、25日(月)までの上演。チケットは、チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイトチケットホン松竹にて販売中です。

2016年01月02日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る