ニュース

歌舞伎座「三月大歌舞伎」特別ポスター公開

歌舞伎座「三月大歌舞伎」特別ポスター公開

 3月3日(日)から始まる歌舞伎座「三月大歌舞伎」の、特別ポスターが公開されました。

 昼の部の『女鳴神』は、歌舞伎座では平成3(1991)年3月以来の上演です。暗色の背景にくっきりと浮かび上がる、鳴神尼と佐久間玄蕃盛政の姿が印象的なポスターです。心を許した男に裏切られ、憤怒の形相となった鳴神尼を勤めるのは孝太郎。佐久間玄蕃盛政の鴈治郎は、今回の上演では、鳴神尼を口説く雲野絶間之助も演じます。幕切れに盛政が見せる、押戻しの迫力も見逃せません。

 

歌舞伎座「三月大歌舞伎」特別ポスター公開  『傾城反魂香』では、白鸚が30年ぶりに浮世又平を演じます。猿之助が勤める女房おとくと、又平のやりとりが楽しみな「土佐将監閑居の場」に加え、今回はその前段となる「近江国高嶋館の場」と「館外竹藪の場」もあわせて上演します。ポスターの幸四郎は「高嶋館」に登場する狩野元信です。縛られながらも肩先の血で襖に虎の絵を描くと…。又平、元信、二人の絵師が起こす奇跡にご注目ください。

 

歌舞伎座「三月大歌舞伎」特別ポスター公開

 夜の部は『盛綱陣屋』で幕が開きます。智勇を表す生締(なまじめ)の鬘(かつら)で佐々木盛綱を演じるのは、仁左衛門。敵方となった弟、高綱の首実検を行った盛綱は、我が子の命までかけた弟の真意と健気な甥の行動に心動かされます。引き締められた口元と沈痛な面持ちから、ただならぬ緊迫感が伝わってきます。盛綱を当り役とする仁左衛門による、重厚な時代物をじっくりとご堪能ください。

 

歌舞伎座「三月大歌舞伎」特別ポスター公開

 『弁天娘女男白浪』のポスターは、奥に番傘を差した白鸚の日本駄右衛門がどんと構え、手前に幸四郎と猿之助の弁天小僧菊之助が並ぶ、色鮮やかな一枚に仕上がりました。日替りで演じられる二人の弁天小僧をよく見ると、鬘や額の傷、緋縮緬の長襦袢の模様などにも少しずつ違いがあり、それぞれどのような弁天小僧を見せてくれるのか、期待がふくらみます。

 特別ポスターは歌舞伎座場内、木挽町広場でご覧いただけるほか、2月下旬から、東京メトロの主要駅に掲出されます。歌舞伎座「三月大歌舞伎」は3月3日(日)から27日(水)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットホン松竹で販売中です。

2019年02月18日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る