ニュース

九團次、廣松自主公演「九團次・廣松の会」のお知らせ

九團次、廣松「九團次・廣松の会」のお知らせ

 8月17日(土)・18日(日)に渋谷Bunkamuraシアターコクーンで開催される、「九團次・廣松の会」に出演の市川九團次と大谷廣松が、公演に向けての思いを語りました。

 今回が初めてとなる「九團次・廣松の会」。二人でできる挑戦を、と考えられた演目は、狂言師茂山逸平の監修による『柿山伏』、そして舞踊として人気のある『蝶の道行』と『石橋』をもとにした、藤間勘十郎の振付、中村京蔵の新たな構成による『女夫蝶花臺(つがいのちょうはなのしまだい)』です。

 

歌舞伎俳優による狂言とは

 4年前から自主公演を行ってきた九團次は、これまでもさまざまな挑戦を重ねてきました。「以前から勉強してみたいという気持ちがあり、その旨を逸平さんに相談したところ、今回の『柿山伏』上演につながりました。歌舞伎舞踊にも、お狂言を拝借したものがある。この経験がこれから自分の血肉になるのでは」と期待を込めます。

 

 実際に『柿山伏』の稽古をしてみて、九團次は「発声の違いに気づけた」といいます。「逸平さんの声は、こんなに響くんだと。歌舞伎は、やはり(声を)つくる部分がありますが、狂言はそれが通用しない。もっている地声が強く響くのが一番いい。だから(私たちも)今まで聞いたことがないような声を出すと思います」。廣松も頷き、「歌舞伎俳優が、狂言師茂山逸平さんのご指導を仰いだ演目に挑戦をしたらどうなるのか」を見てほしい、と口をそろえます。

 

 演出については現在検討中。「今はまず、逸平さんから教わったことをしっかりと自分たちのなかに入れることから始めています。歌舞伎俳優ならではの『柿山伏』をどう表現するか、誠実に相談しながらつくっていきたい」という九團次に続き、廣松も「(逸平も)せっかくやるなら君たちの色を出して、と言ってくださっている。でも根本からしっかり(狂言を)お稽古してから歌舞伎にもっていかないと、両方に失礼になる」と気合を入れました。今回つくり上げたものを、「いつか再演できれば」という思いは二人とも同じだと言います。

 

九團次、廣松「九團次・廣松の会」のお知らせ

作品の世界観を伝えたい

 『女夫蝶花臺』も、この公演ならではの内容です。『蝶の道行』の「踊りだけではわからないのではという声もあり、京蔵さんに相談して」、芝居を頭につけることになりました。恋人たちが心中するまでを芝居で描き、続いてあの世を表す『蝶の道行』となります。最後は「明るく終わりたいので、蝶と戯れて獅子が現れ、毛を振ったらどうだということで」、二人が雄獅子、雌獅子として『石橋』を舞います。

 

 廣松は「生まれたときからお世話してくれている京蔵さんの世界観を形にできる、それを九團次さんとできるというのは、うれしいこと」と笑顔を見せます。「今どき、恋焦がれて心中するカップルはいないですし、蝶になりたいというカップルもいない。その非日常を味わっていただきたい。衣裳、道具、鬘(かつら)、諸々含めた非日常を提供できたら」と真摯な眼差しで語りました。

 

 九團次も、「『蝶の道行』では、引抜きも一つの見せどころ」と続けます。さらに今回は『蝶の道行』で竹本、『石橋』で長唄と、「劇場で、日本の伝統の楽器や唄を聞いていただけるということも、大きな魅力」と、アピールしました。

 

九團次、廣松「九團次・廣松の会」のお知らせ

家族のような二人で

 「ここ数年、家族よりも長く一緒にいる」という二人。「九團次さんは、僕がもっていないものをいっぱいもっている。いろいろ吸収できたら、と思っていつも一緒にお芝居させてもらっています」という廣松に、「度胸があって、頼もしい。几帳面なところにも助けられている。意外と年の差も感じない。一つの目標をもって、お互いの個性がぶつかったり混ざったりして、いいものになれば」と返した九團次。息の合った舞台となりそうです。

 

 「今、一緒に『柿山伏』のお稽古をして、どんどん積みあがって、形になっていくのが楽しい」と、目を輝かせる廣松。「本興行ではできないことをさせていただくというのは、ありがたいこと。お客様に楽しみにしていただければ」と熱意を込めます。九團次も、「今まで見たことのない姿をお見せしたい」と語り、ここで得たことを「必ず本興行に返したい、技芸向上の一環です」と意気込みを見せ、「役者九團次、役者廣松の生き様を見ていただきたい」と、熱く呼びかけました。

 

━━━━━━━━━━━━━

「九團次・廣松の会」

━━━━━━━━━━━━━

茂山逸平 監修

一、柿山伏(かきやまぶし)

 

二、ご挨拶

 

藤間勘十郎 振付

中村京蔵 構成

三、女夫蝶花臺(つがいのちょうはなのしまだい)

「蝶の道行」

「石橋」

 

出演:市川九團次、大谷廣松

 

 

日時

2019年8月17日(土) 12:00/16:00開演

18日(日) 12:00開演

※開場は開演の30分前

 

場所

Bunkamuraシアターコクーン

渋谷区道玄坂2-24-1

 

チケット

一等席:8,000円

二等席:4,000円

※全席指定、すべて税込

※二等席は特にご覧になりにくいお席です。ご了承のうえ、ご購入ください

※車椅子でご来場予定のお客様は、当日のスムーズなご案内のため、公演前日までにZen-A(ゼンエイ)にご連絡ください

 

チケット販売中

  

Zen-A(ゼンエイ) 03-3538-2300(平日11:00~19:00)

Bunkamuraチケットセンター 03-3477-9999(10:00~17:30)

オンラインチケットMY Bunkamura

Bunkamuraチケットカウンター(Bunkamura 1F/10:00-19:00) 

東急シアターオーブチケットカウンター(渋谷ヒカリエ 2F/11:00-19:00)

チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:495-435)

ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:32471)

イープラス

CNプレイガイド 0570-08-9999

 

お問い合わせ

Zen-A(ゼンエイ) 03-3538-2300(平日11:00~19:00)

2019年07月29日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る