ニュース

図夢歌舞伎『忠臣蔵』、初世白鸚映像出演のお知らせ

図夢歌舞伎『忠臣蔵』、初世白鸚映像出演のお知らせ

 『仮名手本忠臣蔵 七段目』左より、松本幸四郎、初世松本白鸚

 7月18日(土)、イープラス「Streaming+(ストリーミングプラス)」で配信される図夢歌舞伎『忠臣蔵』第四回に、初世松本白鸚が映像で出演します。

 リアルタイムでの芝居と、事前収録の映像を画面上で組み合わせた演出で、第一回から大きな話題となっている図夢歌舞伎『忠臣蔵』。『仮名手本忠臣蔵』 の全十一段の物語を、毎週土曜日 11 時からの生配信で全五回に分けて上演しています。 第四回で配信する「七段目」では、松本幸四郎が祖父初世白鸚と 39年ぶりの共演を果たします。

 

 昭和 56(1981)年に歌舞伎座で行われた「高麗屋三代襲名」で、初世白鸚が演じた大星由良之助の舞台映像と、今回幸四郎が出演する映像を組み合わせることで、新しい共演の形が実現します。当時、力弥役で松本金太郎改め七代目市川染五郎として祖父と共演した幸四郎が、今度は由良之助と対峙する寺岡平右衛門役で共演します。

 

 幸四郎は「七段目は、祖父初代白鸚との最後の共演舞台であり、染五郎襲名狂言という、私にとって特別な演目です。今、祖父と共演する夢を叶えられるのは図夢歌舞伎しかない、図夢歌舞伎だからこそ実現できると、今回出演を依頼しましたらOKをいただけました。とても大切なこの演目での祖父との共演、私もとても楽しみです」と、コメントを寄せました。

 

 図夢歌舞伎だからこそ実現できた、時空を超えた祖父との“夢の共演”にどうぞご期待ください。詳細はこちらをお確かめのうえ、お見逃しのないよう、お早めにお申込みください。

2020/07/13