ニュース

歌舞伎座「團菊祭五月大歌舞伎」初日開幕

歌舞伎座「團菊祭五月大歌舞伎」初日開幕

 

 5月2日(月)、歌舞伎座「團菊祭五月大歌舞伎」の初日が幕を開けました。

 今月も、歌舞伎座は三部制(各部総入れ替え、幕間あり)で公演中。客席は間隔を空けた2席並びを原則とする配置で販売し、引き続き換気、消毒など、感染予防対策を徹底してお客様をお迎えします。

 

 第一部は、時代物の傑作『祇園祭礼信仰記』「金閣寺」で幕を開けます。時代は戦国時代、春爛漫の桜が咲き誇る金閣寺。物語は、松緑勤める松永大膳が、弟の鬼藤太と碁を打つ場面から始まります。天下をもくろむ大膳は、金閣寺に将軍の母・慶寿院尼と横恋慕する雪姫を幽閉している敵役。松緑が放つ役の大きさと色気に客席は一気に作品の世界に引き込まれます。そこへ敵方の愛之助勤める此下東吉が現れ、大膳への奉公を願い出ます。智将が描く知略とは…。

 

 雪姫が、降りしきる花びらを集めて爪先で鼠を描く場面はみどころです。悲しみにくれる雪姫の健気さと美しさに客席の視線は釘付けとなりました。さらに東吉が慶寿院尼を救い出す場面で、福助が気品あふれる姿で登場すると、場内は割れんばかりの拍手に包まれました。絢爛豪華な時代物の魅力が発散される舞台にご期待ください。

 

 続いて、華やかな舞踊『あやめ浴衣』です。菖蒲の花が一面に咲く、端午の節句の頃。美しい景色のなか、あやめ売り(新悟)、船頭(鷹之資)、町娘(玉太郎)、水売り(歌之助)らが賑やかに踊ります。そこへ現れた魁春演じる芸者が艶やかな様子で舞い踊り、やがて皆で隅田川の舟遊びの様子を見せていきます。この季節に相応しいひと幕に、場内に爽やかな雰囲気が満ちあふれました。

 

 第二部は、歌舞伎十八番の一つ、『暫』から。海老蔵が、江戸時代から人々の心を魅了し続けてきた英雄・鎌倉権五郎を勤めます。舞台は早春の鶴ケ岡八幡宮。左團次勤める清原武衡、これに従う又五郎勤めるなまず坊主の鹿島入道震斎、孝太郎勤める那須九郎妹照葉、右團次勤める家臣の東金太郎など、特徴に富んだ役柄が舞台にずらりと並び、歌舞伎ならではの色彩美にあふれます。

 

 武衡が、意に従わぬ錦之助勤める加茂次郎らの首を刎ねるよう命じたそのとき…揚幕内より「暫く、暫く」と大音声が轟きます。鎌倉権五郎が花道に勇ましい姿を現すと、客席からは待ってましたとばかりに万雷の拍手。花道で雄弁なツラネを披露し、場内を沸かせます。見事に悪人たちを退け、最後に一人花道に残ると、豪快な六方で花道を引っ込み、会場の盛り上がりは最高潮となりました。

 

 続いては、松羽目物の名作『土蜘』です。音羽屋の家の芸である新古演劇十種のひとつで、変化に富んだ舞踊劇。菊五郎が源頼光、菊之助が叡山の僧智籌実は土蜘の精、丑之助が太刀持音若を勤めます。昭和62(1987)年6月歌舞伎座では、七世尾上梅幸の源頼光、菊五郎の叡山の僧智籌実は土蜘の精、菊之助(当時丑之助)の太刀持音若という配役で上演されており、35年ぶりとなる音羽屋三代による『土蜘』上演となります。今回は、時蔵の侍女胡蝶、梅枝の巫子榊、小川大晴の石神実は小姓四郎吾と、萬屋三代も出演。親子孫の三代が2組同じ舞台にそろうことでも話題の舞台です。

 

 幕が開くと、病床に伏せる源頼光の館へ、忽然と姿を現す叡山の僧智籌。その本性は実は土蜘の精で、頼光の命を狙っています。音もさせず、いつの間にか花道に佇む智籌の出は妖しさが漂い、場内も緊迫した空気に包まれます。異形の恐ろしさを持つ智籌と気品あふれる頼光の対峙はみどころの一つ。また、太刀持音若は、智籌の妖しさにいち早く気づく重要な役どころです。頼光に「ご油断あるな」と伝える堂々とした姿に、客席の視線は釘付けとなりました。本性を現した土蜘の精が、豪快な立廻りを繰り広げ、千筋の糸を鮮やかに繰り出すと、歌舞伎座は華やかな雰囲気に包まれました。

 第三部は『市原野のだんまり』で幕を開けます。舞台は、都のはずれの市原野。秋草が美しく月光に照らされる満月の宵に、景色にみせられた梅玉勤める平井保昌が笛を吹きながら歩いています。その様子を隼人勤める盗賊の袴垂保輔、さらに牛の皮を被った莟玉勤める鬼童丸がうかがいます。互いに闇のなかで探り合う様子を描いた本作は、「今昔物語」にある話を題材にした舞踊劇です。本興行では18年ぶりの上演。歌舞伎ならではの様式美に満ちた「だんまり」が美しい情景を際立たせるひと幕です。

 

 続いて、『弁天娘女男白浪』。鎌倉雪の下の浜松屋に、尾上右近演じる美しい武家の娘(実は弁天小僧菊之助)が、巳之助演じる供の若党四十八(実は南郷力丸)を連れ立ってやって来ます。娘は婚礼の品物を選ぶうちに万引きをしたとの疑いをかけられ、打ち据えられてしまいますが、万引きは誤解だったことが知れると、東蔵演じる浜松屋幸兵衛から詫びの百両を手に入れます。金を手にして悠々と立ち去ろうとする娘と四十八。しかし、そんな二人の前に彦三郎演じる玉島逸当(実は日本駄右衛門)と名のる侍が現れ、娘の正体が明らかに…。

 

 河竹黙阿弥による人気作で、正体がばれた菊之助の「知らざあ言ってきかせやしょう」という七五調の名ぜりふを、歌舞伎座では初めて弁天小僧を勤める右近がはつらつと披露。その後、花道で見せる南郷力丸との息の合ったやりとりもみどころです。傍若無人な二人の様子は魅力たっぷりで、客席は作品の世界観に引き込まれます。続く「稲瀬川」の場では、そろいの小袖を着て「志ら浪」の傘を持った五人男が花道に勢ぞろい。それぞれが手にした番傘を捌きながら名のりを上げる華やかな場面は、錦絵にも描かれる五人の姿で、役にはめてつくられた唄や囃子に酔いしれる名場面です。清新な顔合わせならではのエネルギッシュな五人男の姿に、客席からは拍手が鳴り止みませんでした。

歌舞伎座「團菊祭五月大歌舞伎」初日開幕

 

 歌舞伎座地下2階の木挽町広場では、歌舞伎巡業公演地「関東・甲信越地方物産展」を開催しています。歌舞伎座でのご観劇、または歌舞伎座の近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

 

 歌舞伎座「團菊祭五月大歌舞伎」は27日(金)までの公演。チケットはチケットWeb松竹チケットホン松竹で販売中です。

2022/05/09