歌舞伎いろは

【歌舞伎いろは】は歌舞伎の世界、「和」の世界を楽しむ「歌舞伎美人」の連載、読み物コンテンツのページです。「俳優、著名人の言葉」「歌舞伎衣裳、かつらの美」「劇場、小道具、大道具の世界」「問題に挑戦」など、さまざまな分野の読み物が掲載されています。



SECOM 歌舞伎を支える仕事

舞台美術家の道具帳を50倍に再現

舞台美術家の道具帳を50倍に再現

 今回訪問したのは、歌舞伎をはじめ舞台・コンサートなどの美術で知られる金井大道具㈱。埼玉県越谷市にある新川工場(製作・美術)は、歌舞伎座や新橋演舞場の舞台がすっぽりと入る広大なスペースだ。時はまさに、新橋演舞場の三月公演『ヤマトタケル』の作業中。中央で区切られた工場の一方では、木材に囲まれた木工部が、一方では巨大なドロップ(背景幕)の仕上げに絵描きさんたちが、慌しく手を働かせている。

 「かつて大道具は、奈落などを使って劇場内で製作していましたが、いまは持ち込みといって、外の工場で製作し、稽古に合わせて劇場に搬入するのが一般的です」と語るのは、木工を担当する嶋田義雄さん(66歳)。

 大道具の仕事は幅広い。そのすべてのスタートとなるのが、舞台美術家(装置家)による製作図面。これは道具帳と呼ばれ、通常、実際の舞台の1/50または1/40のスケールで描かれている。それを舞台サイズに正確に拡大しながら、木工部が建物を製作し、紙を貼り(通称チャチリ)、そこに絵描き担当が色をつけ仕上げていく。

 「今回の『ヤマトタケル』のような大掛かりなものになると製作から搬入まで2ヶ月くらいかかりますが、多くは公演の前月にスタートします。もちろん新作は別ですよ。『ヤマトタケル』だって初演のときは本当に大変だったんですから(笑)」

 そして仕上がった大道具は、舞台稽古に合わせて劇場に搬入。さらに手直しを加えるのだ。


上2点とも金井大道具新川工場の木工部


大道具一筋50年、超ベテランの嶋田義雄さん


次のページへ

絵描きに大事なのは観察する力

前のページへ 1 2 3 4 次のページへ

歌舞伎を支える仕事

化粧をすませ、衣裳を纏い、かつらをつけた俳優たちが、役に入る〈最後の仕上げ〉=それが小道具。この連載も今回が最終回。その仕上げに、小道具の世界を探訪したい。—2008.04.10

歌舞伎の役とそれを演じる役者の体型に合わせて巧みに結い上げ、舞台へと送り出す床山。それはまさにカタチに残らない〈美術品〉なのだ。—2008.02.08

今回ご紹介するのは「かつら」の世界。艶やかな黒髪から、獅子のようなワイルドなかつら、それは繊細な手作業の積み重ねによって生みだされるのです。—2008.01.10

第2回目は、前回に引き続き衣裳編。タイトな時間のなか楽屋で行われる「着付け」とはどんなものなのでしょう?—2007.12.10

華やかな舞台を彩る「衣裳」の世界。オリジナルの生地を仕上げる工程から縫製まで、その技術に迫ります。—2007.11.09

ページの先頭へ戻る