公演情報詳細

公演情報一括印刷

第三十七回 四国こんぴら歌舞伎大芝居

令和の大改修 杮落とし

第三十七回

四国こんぴら歌舞伎大芝居

2月24日(土)チケット発売予定

2024年4月5日(金)~21日(日)

第一部 午前11時~
第二部 午後3時~
【休演】11日(木)

劇場:旧金毘羅大芝居(金丸座)

料金(税込)

  • A席16,000円
  • B席12,000円
  • 特別席20,000円

※小学生未満のお子様のご入場はお断りしております

演目と配役

第一部

伊賀越道中双六

一、沼津(ぬまづ)
沼津棒鼻の場
平作住居の場
千本松原の場
雲助平作
娘お米
荷持安兵衛
池添孫八
呉服屋十兵衛
中村 鴈治郎
中村 壱太郎
市川 染五郎
中村
松本 幸四郎
二、羽衣(はごろも)
天女
伯竜
中村 雀右衛門
市川 染五郎

第二部

福森久助 作

一、松竹梅湯島掛額(しょうちくばいゆしまのかけがく)
吉祥院お土砂の場
四ツ木戸火の見櫓の場
浄瑠璃「伊達娘恋緋鹿子」
紅屋長兵衛
八百屋お七
小姓吉三郎
長沼六郎
同宿了念
月和上人
若党十内
釜屋武兵衛
お七母おたけ
松本 幸四郎
中村 壱太郎
市川 染五郎
中村 吉之丞
大谷 廣太郎
松本
中村
中村 鴈治郎
中村 雀右衛門
二、教草吉原雀(おしえぐさよしわらすずめ)
鳥売りの女実は雀の精
鳥刺し実は鷹狩の侍
鳥売りの男実は雀の精
中村 雀右衛門
松本 幸四郎
中村 鴈治郎

みどころ

第一部

一、沼津(ぬまづ)

 東海道を旅する呉服屋十兵衛は、沼津の街道で出会った雲助の平作から頼み込まれ、荷物を預けます。しかし、年老いた平作の足取りはおぼつかず、木の根につまづき足の爪を剥がしてしまい、十兵衛は印籠の薬で手当てをします。先を急ぐ十兵衛でしたが、平作の娘お米に見惚れて平作の家に立ち寄ることに。その夜、皆が寝静まった頃、お米が印籠を盗もうとしたことから、十兵衛は驚くべき真実を知り…。
 前半のおかしみのある旅の雰囲気が一変、後半は親子の悲しい運命が明らかになります。
 武士の仇討ちに巻き込まれた、庶民の悲劇と人情が時代を超えて胸を打つ、義太夫狂言の名作をご堪能ください。

二、羽衣(はごろも)

 駿河の国、三保の松原。松の木にかかった美しい羽衣を見つけた漁師の伯竜は我が家へ持ち帰ろうと手に取ります。そこへ美しい天女が呼び止め、羽衣を返して欲しいと頼むのでした。伯竜は衣を返し、その代わりに天女の舞を望みます。優雅な舞を見せた天女は、やがて天へと昇って行くのでした。
 有名な「羽衣伝説」を題材とした長唄の舞踊で、優雅で幻想的な美しさをご堪能ください。

第二部

一、松竹梅湯島掛額(しょうちくばいゆしまのかけがく)

 ここは本郷駒込の吉祥院、「紅長(べんちょう)」の名で知られる紅屋長兵衛たちが木曽の軍勢から逃れるために避難しています。紅長は、居合わせた八百屋の娘お七が、小姓の吉三郎との叶わぬ恋に嘆く様子を見て慰めます。そこへやってきたのはお七を愛妾にと望む源範頼の命を受けた釜屋武兵衛と長沼六郎。紅長はお七を詮議から逃すため隠しますが…。
 吉祥院の騒動からしばらく経った雪の宵。愛しい吉三郎に会いたい一心のお七は、閉じられた木戸を開けるために火の見櫓へ上り…。
 「吉祥院お土砂の場」は、かけると身体がぐにゃぐにゃになるという“お土砂”という粉を使って、紅長がお七の恋を手助けしようと、面白おかしく活躍する姿がみどころ。がらりと変わり、次の「四ッ木戸火の見櫓の場」では、降りしきる雪のなか、「人形振り」の演技でお七が恋に一途な思いを表現します。趣向あふれる2場面をご覧いただきます。

二、教草吉原雀(おしえぐさよしわらすずめ)

 江戸の吉原仲之町へやって来たのは男女の鳥売り。二人は生き物を放つ放生会の由来や廓の間夫と女郎の様子を踊ってみせます。そこへ鳥刺しも加わり賑やかになりますが、鳥刺しは鳥売りの様子を怪しみます。鳥刺しが詰め寄ると、鳥売りの男女は雀の精の本性を現し…。
 葭切の異名をもつ「吉原雀」を吉原の遊客に見立てて、鳥売りの男女がその様子を艶やかに踊る長唄の舞踊です。今回は鳥刺しが絡んでの、大時代で派手な演出をお楽しみください。

続きを読む

チケット購入方法

2月24日(土)10:00~3月24日(日)Web・電話受付!
  • パソコン・スマートフォンからチケットWeb松竹(24時間受付)

    チケットWeb松竹

    • パソコン、スマートフォンより24時間受付。販売初日は10:00~
    • チケットWeb松竹についてのお問い合わせ 
      03-3545-2200(10:00~17:00)
  • お電話からチケットホン松竹
    (10:00-17:00)

    ナビダイヤル
    0570-000-489
    • このナビダイヤルは、通話料が発生します
    • 各電話会社の通話料割引サービスは適用されません
    • 携帯電話、PHS各社料金プランの無料通話分適用外となります
    • 東日本からの発信の場合は東京着信、西日本からの発信の場合は大阪着信します
    • 品質向上と内容確認のため通話を録音させていただきます

    または

    ※チケットWeb松竹、チケットホン松竹での販売は3月24日(日)まで。25日(月)以降は、下記「琴平町役場 こんぴら歌舞伎事務局」にお問い合わせください。
    ※会場に切符引取り機はございません。チケットは事前にお引取りのうえご来場ください。
    ※窓口販売用別枠でのお取置きはございません。
    ※チケットホン松竹では当日券はご予約いただけません。

    ご注意

    • 電話番号をよくお確かめのうえ、ゆっくりとおかけください
    • 電話機の「リダイヤル機能」は使用しないでください。
      「リダイヤル機能」を繰り返し使用することで、違う番号につながる場合があります。必ず1回ごとに正確にダイヤルしていただくようお願いいたします
    • 「0570」の「0」を省略したり、市外局番違いによる間違い電話のケースもあります。必ず、すべての番号をダイヤルしてください
    • 電話番号のおかけ間違いには充分ご注意ください
  • その他チケットサイト

    「四国こんぴら歌舞伎大芝居 観劇セット」組込み型旅行商品
      (1)個人型宿泊付き観劇セット商品
       受付中
       
      (2)団体型観劇セット商品
       受付中

    「四国こんぴら歌舞伎大芝居 観劇セット」一般受付
       受付中

    上記商品の発売場所
      ・全国のJTB各支店、JTB提携販売店、チケットぴあ
      ・JR四国内各ワープ支店、ワープ梅田支店、JR四国ツアー(Web)

    上記商品のご予約、お問い合わせ
    株式会社ジェイティービー 予約サイト
      ・JTB 高松支店 087-822-0033(平日9:30~17:30)
    四国旅客鉄道株式会社 予約サイト
      ・JR四国「旅の予約センター」 087-825-1662(平日 10:00~18:00、土日祝 10:00~17:00)
    ※往復はがきによる窓口購入の取扱いはありません。

    琴平町役場 こんぴら歌舞伎事務局 0877-75-6714
      3月25日(月)以降 平日9:00~17:00

    お問い合わせ
    「四国こんぴら歌舞伎大芝居」事務局 0877-75-6714

    ※小学生未満のお子様のご入場はお断りしております

公演日、上演時間、出演者、演目などが急遽予定変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください

その他 公演詳細
公演チラシアーカイブ