ニュース

巳之助、隼人が語った新作歌舞伎『NARUTO-ナルト-』

巳之助、隼人が語った新作歌舞伎『NARUTO-ナルト-』

 

 

 6月2日(日)から始まる、南座の新作歌舞伎『NARUTO -ナルト-』に出演の坂東巳之助、中村隼人が、公演に先駆け、作品についての思いを語りました。

巳之助、隼人が語った新作歌舞伎『NARUTO-ナルト-』

『NARUTO-ナルト-』という作品をもっと多くの人へ

 以前から歌舞伎舞台化を期待する声も多くあった『NARUTO -ナルト-』。昨年8月に新橋演舞場で、新作歌舞伎として上演されました。幼い頃から原作を読んでいたという巳之助は、「原作は知っているけど歌舞伎を知らない方や、スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』で僕たちを知り、来てくださった方、お子様や外国の方など、色々なお客様がいらしてくださいました」と、昨年の公演を振り返りました。

 

 さらに、「原作しか知らない方に歌舞伎を知ってもらうことはもちろん、歌舞伎しか知らない方に『NARUTO -ナルト-』を知ってもらうきっかけにもなり、そういった意味でも『NARUTO -ナルト-』という作品の素晴らしさがきちんと伝わったと思います」と、新橋演舞場で感じた手ごたえを明かしました。

 

巳之助、隼人が語った新作歌舞伎『NARUTO-ナルト-』

新作歌舞伎にもう一度育ててもらった

 漫画を原作とする歌舞伎の第一作目として上演された、スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』に、巳之助とともに出演していた隼人は、新作歌舞伎の面白みについて語りました。新作歌舞伎に初めて挑んだ際、稽古に入るまでは「古典歌舞伎を通じて学んできたことは生かされるのか、疑問に思うことの方が多かった」そうですが、出演を経験し、「古典に育ててもらい、新作歌舞伎にもう一度育ててもらった」と、感じるようになったといいます。

 

 「新作歌舞伎は、古典で培ってきた引き出しを開けていき披露する場所。歌舞伎には動き方ひとつとっても、型があり正解が存在します。発声から違うので見る人が見れば歌舞伎ですが、僕たちはさらに身体の使い方、せりふの言い方、その場の存在の仕方など、さらにもう一歩先の歌舞伎を探していて、考える時間が歌舞伎になっていきます」。真摯な言葉から、じっくりと作品に向き合い、新しい歌舞伎をつくっていこうという姿勢がうかがえます。

 

大迫力の立廻り

 巳之助からは、「原作がバトル漫画で、戦いの中で気持ちの交感をすることが、キャラクターたちのコミュニケーションのとり方ですので、体力勝負で痩せていきました」、と、アクションシーンが多いこの作品ならではのエピソードも飛び出しました。 体力が必要な舞台を1カ月こなすにあたって、大切にしていたことは「寝ること。極論、寝るか、起きてナルトを演じているか。喉や声にも寝ることが一番効きます」と、コンディションを保つ秘訣を述べました。

 

 見得やツケなど、歌舞伎独自の表現も存分に盛り込まれた、大迫力かつスピード感あふれる立廻りや、本水を使った大滝での壮絶なシーンは必見です。新しい登場人物も発表され、ますます期待が高まる南座の『NARUTO -ナルト-』へ、ぜひご来場ください。

 南座新開場記念 新作歌舞伎『NARUTO -ナルト-』は、6月2日(日)から26日(水)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットホン松竹で販売中です。

2019年05月20日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る