ニュース

「八月南座超歌舞伎」リミテッドバージョンのダイジェスト映像公開

 

 8月2日(金)から上演中の南座新開場記念「八月南座超歌舞伎」。リミテッドバージョンのダイジェスト映像が公開されました。

 4年間、公演を重ねてきた幕張メッセを飛び出し、この夏、初めて南座で上演されている「超歌舞伎」。連日、「超歌舞伎」ファンや歌舞伎ファンはもちろんのこと、お子様から海外の方まで多くの方々にお楽しみいただいています。先日公開された本公演のダイジェスト映像に続き、リミテッドバージョンの映像も公開されました。

 

 今まで「超歌舞伎」を中村獅童とともに築き上げてきた澤村國矢が、『今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)』で、主役の佐藤四郎兵衛忠信を勤めるリミテッドバージョン。上演が終わったあとも、客席で國矢の登場を待っていたお客様に、「こんなに最後まで待っていただきまして、本当にありがとうございます」と國矢が呼びかける、感動的なカーテンコールから映像は始まります。

 

 ミクとともに口上に登場した獅童が、「もっともっと!準備はいいですか!」と呼びかけると、お客様がペンライトを振って応える「超歌舞伎」らしい風景も。獅童やお客様からの声援のもと、國矢が体当たりで忠信を演じます。映像では、初音の前を勤める中村蝶紫と、青龍の精を勤める中村獅一の姿も見ることができ、リミテッドバージョンの雰囲気を感じることができます。

 

 最後には、「千本桜」が流れるなか、「本当にありがとう」と、息も絶え絶えに頭を深く下げた國矢へ、ペンライトで桜色に染まった客席から拍手が送られました。本公演にも負けない熱さを見せているリミテッドバージョンが観られるのは、残り4回。ぜひ南座で、もうひとつの熱い「超歌舞伎」をお見逃しなく。

 南座新開場記念 「八月南座超歌舞伎」は8月2日(金)から26日(月)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットホン松竹で販売中です。

2019年08月13日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る