ニュース

歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」初日開幕

歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」初日開幕

 

 2023年1月2日(月・休)、歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」の初日が幕を開けました。

 第一部は、『卯春歌舞伎草紙(うどしのはるかぶきぞうし)』で幕を開けます。今日まで続く歌舞伎の始祖・出雲の阿国と、美貌の伊達男・名古屋山三の二人が恋仲であったという逸話をもとにした、華やかな舞踊のひと幕です。舞台は桜の花が咲き誇る出雲。かぶき者の佐渡嶋左源太(愛之助)、佐渡嶋右源太(勘九郎)が賑やかに踊りを披露し、大きな拍手に迎えられた山三(猿之助)と阿国(七之助)が登場すると、場内はいっそう華やかに。女歌舞伎や若衆らとともに、新年を寿ぎ、歌舞伎の栄えを願いながら皆で舞い踊ると、絵巻物のように美しい舞台が広がります。卯年の幕開きを祝い、客席は明るくめでたい雰囲気に包まれました。

 

 続いては、今年没後130年を迎える名作者・河竹黙阿弥による白浪物の人気作『弁天娘女男白浪』。鎌倉雪の下の浜松屋にやって来た、愛之助演じる美しい武家の娘(実は弁天小僧菊之助)と勘九郎演じる供の若党(実は南郷力丸)。娘は万引きの疑いをかけられ、打ち据えられてしまいますが、誤解だと分かると、詫びの百両を手に入れます。金を手に立ち去ろうとする二人に、芝翫演じる侍(実は日本駄右衛門)が声をかけ…。弁天小僧菊之助が七五調の名ぜりふをテンポよく披露し、会場を盛り上げます。続く「稲瀬川勢揃い」の場は、五人男(愛之助、勘九郎、猿之助、七之助、芝翫)が並び、それぞれが手にした番傘を捌きながら名のりを上げる、目にも耳にも心地よい華やかなひとときです。歌舞伎の醍醐味を堪能できる舞台に、客席からは拍手が鳴り止みませんでした。

 第二部は、初春を寿ぐ舞踊劇『壽恵方曽我』から。工藤祐経(白鸚)が催す祝宴へやってきたのは、正月を祝い人々に福を招く万歳の太夫と才蔵。実はこの二人は、父の仇を討とうとする曽我十郎(猿之助)と五郎(幸四郎)の兄弟で…。今年の干支であるうさぎが散りばめられた舞台で、万歳の姿に身をやつした十郎と五郎が千穐萬歳を寿ぐ踊りを披露し、曽我狂言ではおなじみの登場人物たちが華やかな踊りを見せていくと、場内のお正月気分も高まります。白鸚、幸四郎、染五郎の高麗屋三代もそろい、新たな着想のもと、古式ゆかしい曽我狂言の姿をじっくりと味わうことが出来る充実のひと幕となりました。

 

 続いては、『人間万事金世中』。明治初めの横浜を舞台に、米相場で財産を失くした父親をもつ恵府林之助(錦之助)が、伯父の辺見勢左衛門(彌十郎)のもとで肩身の狭い様子で居候をしているところから物語は始まります。ところが、強欲な勢左衛門一家のもとで暮らす林之助に突然莫大な遺産金が舞い込むと、人々の態度が一変し…。明治12(1879)年に黙阿弥が書いた「散切物」である本作は、当時の新しい風俗を取り入れた面白さにあふれます。勢左衛門がとことんがめつくも、どこか憎めない人間味も滲ませ、個性的で強烈なキャラクターたちが、随所で観客の笑いを誘いました。いつの世も変わらぬ人間の姿が描かれた、新年の初笑いにぴったりの物語に、客席は軽やかな空気に包まれました。

 第三部は黙阿弥の名作『十六夜清心』を通し狂言として、「稲瀬川百本杭」から、「雪の下白蓮本宅」までを上演。女犯の罪で寺を追われて稲瀬川までやってきた清心(幸四郎)は、そこで廓を抜け出してきた恋人の遊女・十六夜(七之助)と出会うと、心中を決意し川へ身を投げます。しかし、身投げした十六夜は舟遊びをしていた俳諧師白蓮(梅玉)に命を救われ、一方の清心も死にきれず、岸辺に。癪を起こして苦しむ恋塚求女(壱太郎)を介抱した拍子に懐にある大金に触れた清心は、その金を奪おうとして揉み合ううちに求女を殺めてしまい…。序幕では清元の名曲「梅柳中宵月(うめやなぎなかもよいづき)」の美しい音色が劇場を満たすなか、どこか生々しい心中の場面が儚く美しい一瞬として描き出され、観客は物語に引き込まれていきます。月の光に照らされた清心の顔にふっと影が落ち、「しかし待てよ」で始まるせりふとともに悪党に変わっていく様子はみどころです。

 

 続く「初瀬小路白蓮妾宅の場」では清心の菩提を弔うため剃髪し、豊かな黒髪から坊主頭となった十六夜が独特の色っぽさをみせるのも、黙阿弥らしい趣向です。「雪の下白蓮本宅の場」では、清心と十六夜が姿かたち、歩き方から話し方まで前半とはがらりと変わり、悪党としての魅力を放ちます。そこに白蓮が加わり繰り広げられるせりふの応酬は、聞きごたえたっぷり。白蓮が本性を明かすと、“実は”の連続で展開する物語に観客からは驚きとともに笑いが起こり、新春の初芝居に相応しい充実のひとときとなりました。

 歌舞伎座地下2階の木挽町広場では、1月31日(火)まで、大人気猫グッズメーカー「フェリシモ猫部」の商品を販売しています。ご観劇の際は、ぜひお立ち寄りください。

 

 歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」は27日(金)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットホン松竹で販売中です。

2023/01/05