歌舞伎いろは
【歌舞伎いろは】は歌舞伎の世界、「和」の世界を楽しむ「歌舞伎美人」の連載、読み物コンテンツのページです。「俳優、著名人の言葉」「歌舞伎衣裳、かつらの美」「劇場、小道具、大道具の世界」「問題に挑戦」など、さまざまな分野の読み物が掲載されています。


宝田恵比寿神社は、日本橋七福神の1つ。もとは宝田村の鎮守様でしたが、江戸拡張にあたり住人たちと共 に移転してきました。その後この地は人も物資も集まる商業エリアに発展し、大伝馬町の名を賜りました。
べったら漬けは大根を塩と糠で下漬けしてから、麹に漬けます。さっぱりした甘みと歯ごたえの良さが、江戸の人々に好まれました。なお、べったら市は、現在も毎年10月19〜20日にかけて日本橋の宝田恵比寿神社で行われています。
 

其の三 寒さに冴える楽しみ

 旧暦10月上旬には立冬がやってきます。これを過ぎて5日ばかり経ったころには菊の花は最盛期。男も女も巣鴨あたりの菊花壇を見物に出かけていきます。

 もちろん夜は肌寒く長くなりますが、江戸の人々はじっと家にひきこもってばかりではありません。10月20日の恵比寿講に先駆け、前夜には宝田恵比寿神社のある大伝馬町で一夜限りのべったら市が立ちます。もともとは恵比寿講に必要なものを買いそろえるための市ですが、ここで最も有名なのはべったら漬けと呼ばれる浅漬け大根。通りでは威勢の良い「べったらべったら」の声が飛びかい、道往く女性たちは袖が浅漬けの粕(かす)に触れないよう右往左往するほどにぎわいました。

 翌日の恵比寿講は、どの商家にとってもたいへん大きなお祭りです。恵比寿様には鯛を供え商売繁盛を祈ります。店々の軒先には簾が掛けられ、そこから親族やお得意先の人々を招いた宴会のにぎやかな様子がもれてきます。
歌舞伎の『菊畑』
 『鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりゃくのまき)』の『菊畑』。舞台は、源氏の遺臣でありながら平氏に仕える兵法家の吉岡鬼一法眼の屋敷です。鬼一が蔵する兵法秘伝の書「六韜三略の巻」をねらい、牛若丸と智恵内(実は鬼一の末弟・鬼三太)が共に素性を隠して奉公しますが、鬼一の娘・皆鶴姫は牛若丸に想いを寄せてしまいます。それぞれの思惑が複雑に絡み合う中、鬼一の愛でる美しい菊が舞台を見事に彩ります。

前のページへ 1 2 3 4

くらしの今と昔

グルメブームが起こった江戸時代。身分制度の一番上、武士たちの食事はどのようなものだったのでしょうか?—2008.09.10

現代のように、電力の恩恵を享受できなかった江戸時代。夏の涼を得るために、どのような工夫をしていたのでしょうか?—2008.08.13

江戸時代、身分や職業の別なく町人たちが足繁く通った湯屋。そこには江戸っ子の気質が表れた"湯屋のマナー"も存在していたようです。—2008.07.14

当時世界でも有数の人口を誇った江戸。その大多数を占めた町人の食事はどんなものだったのでしょう。—2008.06.12

年に4回の衣替えが定められ、式日には豪華な礼装を纏う。御台所を頂点とする大奥、それに連なる武家のファッションとは?—2008.05.19

町人文化が花開いた江戸時代、都市の繁栄度合いが顕著に表れたのは、ファッションでした。そのファッションをリードしたのが、歌舞伎役者。—2008.04.19

梅、桃、桜と江戸の春は花盛り。大人も子供も、暖かい風を楽しみに出かけます。数えで七つや八つになった子供たちにとっては春は「入学」の季節でもあります。—2008.03.15

節分で季節の変わり目を迎えいよいよ春がやってくると木の芽や動物と一緒に、怪しげなものたちも動き出します。江戸の人々は、新しい季節を感じつつ厄を払います。—2008.02.15

江戸の正月は立春の近づく頃。明るさを増す陽射しに春を予感し、初風呂で身も心もきれいに心地良くなって、新しい年を迎えます。—2008.01.18

江戸の世でも師走はせわしいもの寒風ふきすさぶなか、町の家も、武家も、江戸城も、そしてお寺や神社も、新しい年に向けて磨きあげられていきます。—2007.12.17

ますます短くなる昼間を楽しみつつ、江戸の人々は祭りに仕事にと夜も休みません。—2007.11.21

朝や夕べの風に涼しさが混ざり、夕焼けの時間がみるみる早まってくれば、過ごしやすい秋の到来です。—2007.09.14

着飾った花魁が、箱提灯や傘を掲げる若い衆に囲まれ、遊客を迎えにいく「道中」は、庶民の日常から切り離された夢の世界でした。—2007.08.13

じりじりと照り付ける夏の日差しを上手によけて暮らす江戸の夏。涼を呼ぶおやつや、遊びなど、暑さを積極的に楽しむ方法も数多くありました。—2007.07.13

1日3食スタイルが定着する一方で、手間をかけなくてもおいしく楽しめる江戸の食が発達していきます。—2007.06.13

都会の魅力にひきつけられた人々が絶え間なく集まってきた江戸はやがて世界一の巨大都市となりました。—2007.05.18

数百人からの女性たちが仕えた江戸城大奥。女の園は、お風呂も一味違います。—2007.04.18

「いとおしき子には旅をさせよ」 そんな言葉に駆られるように 江戸っ子たちが旅に出かけていきます。—2007.03.14

壊れた物は修繕し、紙くず一つも無駄にしない。物は巡り、町は美しさを保ったのです。—2007.02.14

寒い寒い江戸の冬。暖かさを求めて、江戸っ子も工夫をこらします。—2007.01.15

粋でおしゃれな江戸っ子たちも、日々の疲れを癒してくれる湯けむりを楽しんでいました。—2006.12.13

朝がやってくれば、竈から煙が立ち上ります。シンプルで無駄を省いた長屋暮らしでも台所は家ごとにある大切な場所でした。—2006.11.14

夜が闇で満たされる江戸の世では、小さなあかりが、闇に住む妖魔や悪鬼から人々の心を守っていました。—2006.10.16

ページの先頭へ戻る