歌舞伎いろは

【歌舞伎いろは】は歌舞伎の世界、「和」の世界を楽しむ「歌舞伎美人」の連載、読み物コンテンツのページです。「俳優、著名人の言葉」「歌舞伎衣裳、かつらの美」「劇場、小道具、大道具の世界」「問題に挑戦」など、さまざまな分野の読み物が掲載されています。



私と歌舞伎座 〜受け継ぐ伝統、新たな出発〜

 
 

受け継ぐ伝統 〜襲名とは、役者の命を継いでいくこと

 唐の霊山として誉れ高い、清涼山。そこに住まう文殊菩薩に従う獅子に孫獅子が生まれたという知らせで『門出祝寿連獅子(かどんでいおうことぶきれんじし)』は幕を開けます。三代揃っての出演で、ひときわ大きな存在として、小さな金太郎さんを見守る松本幸四郎さん。
 「『連獅子』は、物語そのものが芸、そして魂の伝承を表している作品です。そして何より金太郎が幼い頃から大好きな“獅子物”で俳優としての門出を飾れるのは幸せなことだと思います。稽古の後はちゃんと自分の毛に櫛を入れたり、浴衣をたたんだり、小さいながらも役者の基礎を日に日に身につけていますよ」
 この歌舞伎座で金太郎襲名披露を行なうこと、三代で連獅子を演じることは、60年を超すご自身の俳優人生の“奇跡”だと、襲名披露の記者会見で、幸四郎さんは喜びを表現しました。
 「私が二代目松本金太郎を襲名してから今年で63年目になりますが、役者というのは本当に幸せだとしみじみ感じています。勤める役を通して、人が生きる上での苦悩や悲しみ、それを乗り越える力を伝えるのが俳優という仕事です。人に感動を与え、その感動がまた客席からエネルギーとなって返ってくる。この幸せな生き方を、息子、そして孫が継いでいくのは奇跡ですよね」
 松本幸四郎家では、親と子供であっても「役者同士」という距離感でお互いが接していると言います。
 「もちろん血のつながった親子ですけれど、お互い芝居をするうちに役者の先輩と後輩、男優と女優といった関係が濃くなってきたように思います。私にとってはむしろ心地いい関係です。子供たちには親として、俳優としてこう育って欲しいと言葉で伝えるよりも役者としての生きざまを見せることを大切にしてきました。ですから金太郎にも“おじいちゃん”というより役者の先輩として接していくことになるのでしょうね。『連獅子』の親獅子、仔獅子ではないですが、親の姿を見ていかに生きるか、自分で判断していって欲しいと思っています」
 歌舞伎俳優に生まれたものにとって、襲名は大きな人生の門出です。それは芸を継ぐことであり、また魂を継ぐことでもあります。
 「襲名とは『名』を『襲う(=継ぐ、重ねる)』と書きますけれども、本当は『命』の“めい”なのだと思います。先代たちが重ねてきた俳優としての命そのものを受け継ぐこと、それが歌舞伎俳優として生きることではないでしょうか。私もその気持ちを持ち続けていますし、息子、孫にも俳優としての命を残していきたいですね」
次のページへ

男が泣く時 〜誰の人生にもある深い心の動きを

前のページへ 1 2 3 4 次のページへ
 

私と歌舞伎座 ~受け継ぐ伝統、新たな出発~

いよいよ「歌舞伎座さよなら公演」が今月で最後となりました。本連載も最終回を迎える今月は、『実録先代萩』で浅岡を演じる中村芝翫さんにご登場いただきます。—2010.04.01

舞台では「演じているというよりも、 常にその役として生きている」とおっしゃる坂田藤十郎さんに歌舞伎座のお話を伺います。—2010.03.01

傘寿を迎え、なおも芸の道を追求する前向きなパワーを歌舞伎座の舞台で放ち続ける富十郎さん。その土台には、歌舞伎座で観た名優たちの忘れられない面影があると言います。—2010.02.01

歌舞伎とともに生きてきた当代一の女方、中村雀右衛門さんに歌舞伎座の思い出を伺いました。—2010.01.01

平成21年を締めくくる一ヶ月、昼夜にわたり4演目にご出演なさる坂東三津五郎さん。ご自身に縁の深い『身替座禅』、そして南与兵衛(後に南方十次兵衛)を初役で勤める『引窓』の2作品について中心にお話を伺いました。—2009.12.01

昼の部「四段目」では石堂右馬之丞を、そして夜の部「七段目」「十一段目」では大星由良之助を勤める片岡仁左衛門さんに、見どころと『忠臣蔵』への想い、歌舞伎座の思い出を伺いました。—2009.11.01

当たり役の『義経千本桜』の忠信、そして松緑さんの親代わりとして、松緑さん長男の大河さん初お目見得の舞台も勤める菊五郎さんにお話をうかがいました。—2009.10.08

九月大歌舞伎で昼夜4役を勤める中村吉右衛門さん。江戸と現代とを繋ぐ、歌舞伎のリアルな人物像を見つめる眼差しに迫ります。—2009.09.01

この8月で納涼歌舞伎が20年目を迎えます。現在の歌舞伎座最後の夏芝居は最高に、熱い舞台となりそうです。—2009.08.01

鏡花の美意識を舞台で紡ぎ続けてきた坂東玉三郎さんに、作品の魅力と演出家として込めた想いを伺いました。—2009.07.01

「歌舞伎座さよなら公演」に寄せて、今月の見どころを出演俳優の方々に特別に教えていただく贅沢な連載が始まりました。—2009.05.01

ページの先頭へ戻る