歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

歌舞伎いろは

【歌舞伎いろは】は歌舞伎の世界、「和」の世界を楽しむ「歌舞伎美人」の連載、読み物コンテンツのページです。「俳優、著名人の言葉」「歌舞伎衣裳、かつらの美」「劇場、小道具、大道具の世界」「問題に挑戦」など、さまざまな分野の読み物が掲載されています。



大人の休日倶楽部

 

東照宮「眠り猫」の作者? 歌舞伎のなかの伝説の彫物師 左甚五

左甚五郎作と言われる「眠り猫」
日光東照宮の陽明門
  日光東照宮の絢爛豪華な陽明門。その左右から延びて本殿などを囲んでいる、屋根付きの廊下は「東西回廊」と呼ばれ、国宝となっています。かの有名な「眠り猫」はこの朱色の回廊にあります。有名な割にはあまりにも小さいので、初めて見た時は拍子抜けしてしまうかもしれません。しかし、「眠り猫」があるのは“家康公が眠る墓所である「奥社」参道入口の上”という重要な位置。「ちっちゃいなあ」などとゆめゆめ疎かに眺める事なかれ! 「眠り猫」にはさまざまな意味が込められているのです。

 まず、この眠り猫の真裏の彫刻は「竹林で遊ぶ2羽の雀」。猫が起きていれば雀は食われてしまうが、猫が居眠りしているので、雀と共存共栄している。つまり、「雀のような弱者も安心して暮らせる平和な時代である」ということを表しているという説があります。他にも「大切な奥社には鼠一匹通さない」という見張り役であるとか、禅問答を表す(この話はちょっと長くなるので、次回にお伝えいたします)などとまで言われています。

 さて、この眠り猫の作者こそかの有名な左甚五郎。江戸初期ごろの大工・彫刻師(ほりものし)で、徳川家の造営大工の棟梁と伝えられています。日光東照宮の眠り猫、上野東照宮の龍などを彫ったとされていますが、全国各地に「左甚五郎作」という建築物や彫刻が散在しており、その実体は不明。名前の由来も諸説あり、伝説的人物と考えられています。『国史大辞典』では冒頭に「生没年不詳、建築彫刻の名人として江戸時代に理想化された人物像」と記されています。

 この左甚五郎が登場するのが『銘作左小刀(めいさくひだりこがたな) 京人形』。粗筋は「甚五郎は廓で太夫を見初め、太夫に生き写しの人形を彫り上げた。その人形を相手に1人で酒を飲んでいると、魂が入って人形が箱から出て踊りだす。」というもの。最初は男の仕草だった人形が、甚五郎が廓で拾った太夫の鏡を人形の懐に入れると、女らしく太夫の仕草をするようになる、というところが見どころ。終盤には立廻りなども加わる華やで楽しい舞踊劇です。最近では2005年(平成17年)京都の南座で尾上菊五郎さんの左甚五郎、菊之助さんの京人形の精で上演されました。
文/栄木恵子(編集部)
1899年(明治32年)の役者絵。右上に「歌舞伎座新狂言 左小刀」とあり、左には人形が入っていた箱が描かれている。「左り甚五郎 尾上菊五郎」「おやま人形 尾上榮三郎」の記述も見える。早稲田大学演劇博物館蔵。無断転載禁。(c)The Tsubouchi Memorial Museum, Waseda University, All Rights Reserved.
次のページへ

旅の食・宿・見どころ

前のページへ 1 2 3 4 次のページへ

歌舞伎と旅

JR東日本「大人の休日倶楽部」会員様限定の観劇イベントが新橋演舞場にて開催されました。観劇前には、元NHKアナウンサーで歌舞伎愛好家として知られる山川静夫さんの鑑賞ガイドが行われましたが、ユーモアいっぱいの充実した内容で大好評でした。—2010.10.05

泡のない美しい天然氷には、清冽な水の甘さが凝縮されており、お酒によし、かき氷によし。平成の今も、伝統的な手法を守り伝える人々の熱意を受けて、氷はきらきらと輝く。—2010.03.31

去る1月23日、JR東日本「大人の休日倶楽部」会員様限定の観劇イベントが新橋演舞場にて開催されました。—2010.02.03

古くから伝わる美しいもの、美味しいものが、今も大切にされている。そんな村上の街を訪ねてみたい—2009.12.28

心の頑張りで身体の不調をやり過ごす日々を少し離れ、村上の山に分け入ってみよう。今、自分に何が必要なのか、五感を通して身体の声が聞こえてくるはずだ。—2009.11.27

運河の町・佐原は水に恵まれた立地から、江戸と東北を結ぶ物資輸送の中継地として栄えた町。往時の隆盛をしのばせる街並みが残るこの町は、しっとりとした着物姿がよく似合う。—2009.10.28

秋の風が心地よい9月4日、JR東日本「大人の休日倶楽部」会員様限定の観劇イベントが歌舞伎座にて開催されました。—2009.09.28

歌舞伎コラムはご存知『南総里見八犬伝』のお話です。『八犬伝』に縁深い南房総。館山市では10月18日に南総里見祭りも開かれます—2009.08.28

歌舞伎コラムは「『菊畑』と坂上田村麻呂を結ぶ"虎の巻"」のお話です。—2009.07.29

歌舞伎コラムでは、能代凧やねぶた祭りにも縁ある坂上田村麻呂伝説をご紹介しています。—2009.06.29

それぞれの時代の職人たちが、最高の美を極めようと魂込めた建物から、諏訪の文化を読み取っていきたい。—2009.05.28

値段ではなく品質の高さで勝負する、昔ながらの信濃の生糸は、確かにこの街で作り続けられている。近代日本の製糸業を支えた信濃。—2009.04.28

春の柔らかな日差しに包まれた3月30日、JR東日本「大人の休日倶楽部」会員様限定の歌舞伎講座が開催されました。—2009.04.08

まだ浅い春の日に照らされて、優しく微笑むお雛様。赤い毛氈、ぼんぼり...桜色の景色を探しに、少し早めの春を訪ねて、今月は伊豆を旅してみよう。—2009.02.27

まるで子どもの頃に帰ったような懐かしい気持ちで、ぬくもりを味わう冬ならではの旅。車窓から見える三陸の美しい雪景色も、いっそう美しく見える。—2009.01.29

中村富十郎さんをお迎えして「大人の休日倶楽部」会員様限定のトークイベントを開催しました。歌舞伎にまつわる芸談はもちろん、豊富な話題で、大変楽しい会となりました。—2008.12.26

時代時代にさまざまな人・物の往来がある。そうした背景が島に独自の生活スタイルを生み出し、豊かな文化を育んだことに、もっと注目すべきだろう。—2008.11.27

飯坂温泉、秋保温泉とともに、奥州三名湯に数えられる鳴子温泉。長らく湯治場として栄え、今も昔も老若男女が心身の癒しを求めてこの地を訪れる。—2008.10.27

わくわくして封切を待ったなつかしの映画絵看板や、今は姿を消した懐かしい雑貨など、昭和の香りを湛えた思い出深いもの達が、迎えてくれる町。—2008.09.29

都市部に劣らぬ豊かな文化と、豊かな自然が息づく小布施の町。古いものに学びつつ、新しい発想で町を育てていく姿勢も、この町の伝統なのかもしれない。—2008.08.27

長い歴史を今に伝える街・京都。政治の中心としては外れたものの、文化の発信地としての地位は不動のものとして、現代にまで受け継がれている。—2008.07.29

後に残さず、今このときとばかりに燃え盛るそのエネルギーこそが、ねぶたを力強く輝かせる光なのかもしれない。—2008.07.07

縁起を担いで縁結びや子孫繁栄を願う気持ちに、時代の変化はない。そうした願いを形に表わした加賀水引の美しさも、加賀の美意識から生まれたものに違いない。—2008.05.30

風光明媚な土地、さわやかな気候、ゆったりと流れる時間に魅かれる都会の人々。彼らを惹きつける山梨の魅力を、八ヶ岳にスポットを当てて紹介していこう。—2008.04.30

「大人の休日倶楽部」の協賛を得て「歌舞伎基礎セミナー」が開催されました。解説やエピソードをクイズと写真で展開し、楽しくためになる2時間でした。—2008.04.14

地道で手のかかる作業をいとわずに続ける人の、「歴史を継ぐ」という真摯な姿。1000年もつといわれる和紙の力強さは、寒さに鍛えられて生まれてくる。—2008.03.03

着物姿の似合う街並みと、ここで三百年以上前から織続けられてきた上田紬の魅力を、あわせて紹介していきたい。—2008.01.30

物流、文化などが集まる仙台には、その豊かさから起こった良いことも悪いこともあったようだ。清濁併せ呑む仙台の奥深さを訪ねてみよう。—2007.11.29

日本再発見、和ブーム到来が盛んに言われる今、日本各地で土地の伝統工芸を見直す機運も高まっている。—2007.10.29

「伝統は残すものではなく、受け継ぎ送り出すもの」と語ったある職人の言葉に、会津人の力強さとしなやかさが表れている。—2007.09.26

日本の美を極める伝統工芸の技、四季折々の海の幸山の幸、文人粋人をはぐくむ気質など、金沢の豊かさを物語るものはさまざまある。—2007.08.27

いまも常設公演のある生きた芝居小屋、明治の香り漂う康楽館の素顔に触れるため秋田県小坂町を訪れた。—2007.07.27

各地に伝わる地芝居の中でも抜群の知名度と人気を誇る檜枝岐歌舞伎。—2007.06.26

質実剛健を旨として労働の尊さを説き、また自ら実践した上杉鷹山の魂は、今もこの地方の人々の中にしっかりと受け継がれている。—2007.05.28

現在は帯地や着物、そして洋服地まで幅広く生産する桐生。変化をおそれず、常に新しい発想を取り入れてきた織物の歴史を訪ねる。—2007.04.27

冬の手仕事として、作り続けられてきた越後の織物『塩沢織』は、その独特の風合いで全国の着物ファンを魅了しています。—2007.03.23

黒森歌舞伎を今に受け継ぎ、地域色豊かな文化を形成する酒田を訪れた。—2007.01.01

義経は数々の歌舞伎作品に登場する。歌舞伎をキーワードにめぐる東日本の旅、第2回は舞台上で今も生き続ける義経が、悲運の生を遂げた平泉を訪れた。—2006.11.27

黙阿弥の代表作の一つ「白浪五人男」。この物語に登場する場所をたどりながら、鎌倉の旅に出ることにしよう。—2006.10.16

ページの先頭へ戻る