歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

歌舞伎いろは

【歌舞伎いろは】は歌舞伎の世界、「和」の世界を楽しむ「歌舞伎美人」の連載、読み物コンテンツのページです。「俳優、著名人の言葉」「歌舞伎衣裳、かつらの美」「劇場、小道具、大道具の世界」「問題に挑戦」など、さまざまな分野の読み物が掲載されています。



これでわかった! 残暑をのりきる「単衣」

単衣で過ごす9月の装い
薄ピンクの単衣のきものに、夏帯、夏小物を揃えたもの(左)と、冬帯、冬小物で揃えた着こなし(右)。「同じきものでもこれだけ印象が変わるのですね」と、モデルの小林美穂さんもびっくりです。

 

そもそも「単衣」とはどんなきもの?
 単衣のきものとは、裏のないもので、6月と9月に着るものです。単衣向きとして作られている反物もありますが、基本的には袷と同じ生地。ですから、裏をつけて仕立て直せば、袷として着ることもできますし、逆に袷の裏を取って単衣として着ることもできます。

 洋服でも、裏地がないだけでずいぶんと涼しく感じるのと同じで、単衣は季節の変わり目に応じた工夫といえます。ただ、きものは季節感を大切にするので、たとえ、昨今のように残暑がかなり厳しくても、9月に入ったら、夏きものから単衣にチェンジするのが基本。同様に初夏も、暑さが感じられるようになってきても、6月いっぱいは単衣を着ます。


単衣の季節を二つに分けて考える
 裏がついてないとはいえ、冬と同じ装いを残暑のさなかにするのは、厳しいと感じても無理ありません。しかし、「6月、9月は単衣」というルールはきものが単衣であればいいということ。つまり、襦袢や帯、ほかの小物は気候に合わせてOKなのです。

 大まかに言えば、きもの以外は夏のこしらえにするか、冬のこしらえにするか選べるということ。9月ならば、暑さの残る前半は夏帯、夏の襦袢、夏の小物を合わせて。秋風が吹いてきたら冬帯に単衣の襦袢、袷の小物。これだけでずいぶんと涼しさが違います。切り替えは基本的に15日と心得ておきましょう。


単衣の季節で失敗しないために
 単衣に夏、単衣に冬と少し季節が交錯しますが、このとき気をつけたいのが「単衣以外の季節が揃っているか」ということです。夏帯を締めたら帯揚げ、帯締めも夏。襦袢や半衿も絽(ろ)など夏のものにします。同様に帯を冬にしたなら、襦袢も小物もすべて冬にしましょう。

 もうひとつ気をつけたいのが、ボリューム感のバランスです。特に、単衣に夏帯を合わせる場合は、帯だけが軽くなりすぎないように選びます。紗(しゃ)や絽などの透ける素材でよいのですが、紗献上や羅(ら)、麻などは単衣のきものとのバランスがあまりよくありません。着る前にきものに載せてボリューム感をチェックしてみてください。

次のページへ

一枚の単衣で季節感を演出

前のページへ 1 2 3 4 次のページへ

長沼静きもの学院

かしこまった場でのきものも素敵だけれど、もう少しきものを着るシーンを増やしたい…、そんなときにおすすめなのが、小紋や紬。帯や小物選びで着こなしの幅が広がる具体例をご紹介。—2015.01.15

新たなきものの未来を拓く――。伝統の技を引継ぎながら、今の時代にふさわしいきものとは、と模索を続け、次々とアイディアを美しいきものにしている5人の現代作家のお話をうかがいました。—2014.11.28

特別な日にふさわしいきものをプロが選んで着付け、きものに合ったヘアメイクを施し、記念の一枚を撮影。さらに、その日のために和の心を学び、中身からトータルで美しくなる...。そんな新スポットをご紹介。—2014.08.08

恒例の長沼静きもの学院の歌舞伎セミナー。今回は、楽屋に入って化粧を始めると、その役に入っていくと言う獅童さんがゲスト。歌舞伎の化粧を実演しながらご紹介、化粧や衣裳の大切さをお話しています。—2014.05.30

結婚披露宴に華やかなパーティー、そして観劇。そのひとときを素晴らしい時間にしたいなら、迷わず「きもの」を選んでください。間違いのないおしゃれができる、それがきものなのです。—2014.04.11

玉に付けた絹の糸を交差しながら組む――。シンプルな動作だからこそ、無限の広がりを持つ工芸品、それがくみひも。始めたその日から、紐が組み上がる楽しさを実感できます。—2014.02.18

お正月のおめかしきもの、何にしましょう? 年が改まるのをきかっけに、自分のイメージも変えてみませんか。いつもとちょっと違った自分発見、おすすめします。—2013.12.11

きものの楽しさを知るには、きものを着るのが一番! プロの着付できものの着心地を体感、そのまま街へ繰り出して、きものを着る楽しさをたっぷり味わってください。—2013.08.19

夏もきもので劇場へ。涼しげなきもの姿は、ほかの季節より断然、目立ちます。自信がない人はレンタル利用がおすすめ。プロの着付なら安心も倍増、夏も素敵なきものライフを!—2013.07.25

新しい歌舞伎座へきものでお出かけ、いかがでしょう。せっかくの晴れの舞台です。プロの手におまかせして、素敵なきもの姿をつくってみませんか。—2013.02.20

娘の成人式に振袖を着付けたい...。そんな思いが、着付を学ぶ時間を生み出し、母娘の新たな絆を結ぶきっかけとなりました。—2013.01.17

いざ、きもの! さて、何から始めればいいのか...。そんなときにレンタルきものはいかがでしょう。初めてでも安心、手軽にきものが楽しめます。—2012.12.20

格調高く装うことも、華やかな席を彩ることもできるのが訪問着。いろいろなシチュエーションでもっともっと活躍させたい一枚です。—2012.11.21

学生から社会人へ、旅立ちの"とき"を刻む袴姿。清楚ななかにも、心華やぐ気持ちをきものに込めて、一生の記念にふさわしい晴れ姿をつくります。—2012.10.16

大人の女性として恥ずかしくないきもの選び。あらたまった場だからこそ、自分の立場や思いが表れるそのきもの姿が、好印象となって残る着こなしを—2012.09.20

人生の様々な節目でめぐり会うのがきもの。ただ纏うだけでなく、そこに喜びや悲しみの気持ち、思いを込めることができる...。それがきものです。—2012.08.13

ご応募くださった母娘お二組が、夏物とゆかたの着こなしをご披露! ぴったりの一枚を素敵に見せてくださいました。—2012.06.11

6月は単衣(ひとえ)の季節。着るもので季節の移ろいを表すのが日本人の美意識、夏の訪れを楽しみましょう。—2012.05.16

色柄で季節を表現するきものの醍醐味が、存分に味わえるこの時節。さあ、とっておきのきもの姿で出かけましょう。—2012.04.12

人生の節目となる日の特別なきもの姿を美しく形づくってくれる人、それが「着付師」。仕事の現場はさまざまで...—2012.03.15

藍染のきものほど着る場所を選ばないものはない、ともいわれます。高度な職人技が生み出す「藍」の魅力に迫ります。—2012.01.13

普段はきものに親しむ機会の少ない人もきものが着たくなる時節。お正月ならではのきものの楽しみ、たっぷりご紹介します。—2011.12.09

家族を結ぶ"絆"に思いを新たにした今年、家族の絆、日本の絆を再認識させてくれた「和婚」に注目が集まりました。—2011.11.04

「ゆかた」には日本の伝統技術のすばらしさが息づいています。一枚さらりとまとうと、それだけで日本の夏を感じるゆかた。そんな魔法の魅力を持つゆかたの楽しみ方、着こなし方をご紹介。—2011.07.08

きものをはじめとする暮らしの様々を振り返ると、日本人がいかに「結ぶ」ことに長けていたかわかります。今回は夏きもので涼やかに「結び」、美しい着付のコツを教わります。—2011.06.09

忘年会にクリスマス、家族で迎えるお正月から新年のご挨拶回りと、慌ただしいなかにも心浮き立つ季節がやってきました。きものを着たいという思いも高まるこの時期、年末年始のお出かけに、あなたならどんなきもので臨みたいですか?—2010.12.16

「きものを着て過ごせたら、もっと楽しいだろうな...」そんな思いに駆られる町、京都。その中心地に、きものレンタル・着付と、ヘアメイクが気軽にできる『長沼静きもの ひととき』がオープンしました。—2010.10.18

憧れはあるけれど「夏きもの」は難しそう...というあなた。今年こそ「夏きもの」に挑戦してみませんか?盛夏に着る"うすもの"、初秋に着る"秋単衣"をご紹介します。—2010.08.17

きものを着る際、着付の最後に締める"帯締"。 この1本の紐には、知れば知るほど奥深い魅力が詰まっていました。—2010.05.18

きものを着る際のマナーを知ることは、 日本人ならではの、きめ細やかな心配りといった "心"を知ることでもあります。—2010.03.15

晴れの日をお祝いする結婚式の装い。今回は東京駅にある「長沼静 きものひととき」で レンタルできるきものからご紹介します。—2009.12.08

東京駅で洋服からきものの装いにお色直し。女性のお洒落心を満たしてくれる素敵な場所を見つけました。—2009.11.05

手軽な浴衣も良いけれど、見る人の目にも涼しげな夏きものは大人の女性の憧れです。—2009.08.12

涼しげな夏のきものには、軽やかな夏帯をきりりと締めたいものです。夏帯の代表選手・博多帯の工房を訪れました。—2009.07.03

思いのこもった特別な小物は、装いに華やぎと気持ちのアクセントを与えてくれます。—2009.04.06

春待月(はるまちづき)とは12月の異名。冬だからこそ、あえて華やかな装いで春を待ってみませんか?—2008.12.08

きもののお手入れ方法に自信はありますか?きものが傷みやすいこの季節、もう一度基本をおさらいしてみましょう。—2008.08.05

夏の風物詩"ゆかた"。今年は落ち着いた大人のゆかたが注目です。—2008.07.08

軽やかな春の装いに、心も自然と華やぎます。—2008.03.14

きものに合わせて、メイクも髪型もひと工夫。きもの姿によりいっそうの輝きを与えてくれます。—2008.01.21

一年のうちで最もきものが恋しくなるのがこの季節。冬のきものを纏うだけで、晴れやかで優しい気持ちが生まれます。—2007.12.21

秋の訪れとともに、きものも単衣から袷へと変わります。鑑賞の秋、行楽の秋、ときものを纏う機会は増えそうです。—2007.10.19

美しい自然から生まれた天然染めの手織り、奄美大島紬。その魅力を知るべく、紬の島・奄美大島を訪ねました。—2007.09.19

ほんのひとときの季節にだけ袖を通す特別なきもの「単衣」。季節のうつろいを肌で感じてみませんか。—2007.08.23

今回は、より美しい立ち居振る舞いをできるよう、基本的なきもののお作法をおさらいしましょう。—2007.07.19

夏の風物詩のひとつ、ゆかたの装い。一足先にワンランク上の大人のゆかた姿を楽しんでみませんか。—2007.06.16

一本の帯が作り上げる世界は無限大。きもの・帯・そして着る人に合わせて、創作のイマジネーションは広がります。—2007.05.14

きものの帯締めとして使用される組紐。産地として有名なのは、東京、京都、そして伊賀の名が挙げられます。—2007.03.06

ページの先頭へ戻る