歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

歌舞伎いろは

【歌舞伎いろは】は歌舞伎の世界、「和」の世界を楽しむ「歌舞伎美人」の連載、読み物コンテンツのページです。「俳優、著名人の言葉」「歌舞伎衣裳、かつらの美」「劇場、小道具、大道具の世界」「問題に挑戦」など、さまざまな分野の読み物が掲載されています。



お正月は歌舞伎を観に、浅草へいらっしゃいませんか。新しい年、若い力で歌舞伎を、浅草を盛り上げよう、楽しんでいただこうと、出演者一同意欲満々。ぜひ浅草公会堂「新春浅草歌舞伎」に足をお運びください。尾上松也、中村歌昇、坂東巳之助がご案内します。
尾上松也 中村歌昇 坂東巳之助
浅草公会堂 「新春浅草歌舞伎」前編
尾上松也――『仮名手本忠臣蔵』早野勘平
中村歌昇――『仮名手本忠臣蔵』不破数右衛門ほか
坂東巳之助――『仮名手本忠臣蔵』斧定九郎ほか

インタビュー・文/小玉祥子
写真/ZIGEN、永石 勝(宣伝スチール)、構成/中村清子(編集部)

1 2 3 4 次のページへ

ようこそ浅草へ

若手の登竜門といわれる「新春浅草歌舞伎」は、芝居に対する“熱”はどこの劇場にも負けないと、毎年、新鮮な舞台を見せています。でも、それだけではありません。中心となる出演俳優が一気に世代交代して3年目の今回は「ステップアップした私たちをご覧いただけるように」と、それぞれが強い気持ちで挑みます。後篇も公開!—2016.12.21

若手の登竜門といわれる「新春浅草歌舞伎」は、芝居に対する“熱”はどこの劇場にも負けないと、毎年、新鮮な舞台を見せています。でも、それだけではありません。中心となる出演俳優が一気に世代交代して3年目の今回は「ステップアップした私たちをご覧いただけるように」と、それぞれが強い気持ちで挑みます。—2016.12.14

自分たちが新しい浅草歌舞伎の幕を開ける! 熱意を舞台にぶつけ、一人でも多くのお客様に楽しんでいただきたいと奮闘する三人が、演じる役のことを語る後編です。—2014.12.26

ページの先頭へ戻る