ニュース

歌舞伎座ギャラリー「第八回 歌舞伎懐かし堂」のお知らせ

歌舞伎座ギャラリー「第八回 歌舞伎懐かし堂」のお知らせ

 12月26日(水)、歌舞伎座ギャラリーで「第八回 歌舞伎懐かし堂」が開催されます。

 5月から始まった「歌舞伎懐かし堂」で、今年を締めくくる一本が、『連獅子』です。松竹が所蔵する『連獅子』の映像から今回ご覧いただくのは、十七世勘三郎と十八世勘三郎親子出演、昭和45(1970)年5月歌舞伎座の舞台です。

 

 この12月5日で、十八世勘三郎が亡くなってちょうど6年。映像は、その十八世が五代目勘九郎として、父、十七世と踊った2度目の『連獅子』です。その前年、ともに初役で挑んだ『連獅子』が、当時13歳だった勘九郎への驚きとともに人気を博し、それを受けての待望の再演でした。15歳になる直前の仔獅子と還暦の親獅子は、演じる親子の情と獅子の親子の情が重なって見る側に特別な感慨を起こし、その後、数々の『連獅子』親子共演を生むことにもつながりました。

 

 「十二月大歌舞伎」千穐楽、歌舞伎座ギャラリーも年内最終日を迎えます。歌舞伎座百三十年の最後の一日に、木挽町ホールの床几(一部椅子席)に腰かけて、思い出の舞台を鑑賞する「歌舞伎懐かし堂」。年の瀬のひととき、懐かしの名優たちに会いにぜひ、歌舞伎座ギャラリーへ足をお運びください。なお、チケットは全席指定ですので、お早めに。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歌舞伎座ギャラリー「第八回 歌舞伎懐かし堂」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『連獅子』(昭和45年5月歌舞伎座)

狂言師右近後に親獅子の精:十七世中村勘三郎
狂言師左近後に子獅子の精:五代目中村勘九郎(十八世勘三郎)
法華の僧蓮念:六代目市村竹之丞(五世中村富十郎)
浄土の僧遍念:二世中村又五郎

 

 

日時

2018年12月26日(水)18:30開映(18:15開場)

※上映時間は1時間

 

場所

歌舞伎座ギャラリー

(GINZA KABUKIZA 歌舞伎座タワー5階)

 

入場料

全席指定(床几席・椅子席):1,500円(税込)

 

2018年12月11日(火)12:00発売

 

チケットWeb松竹
※チケットホン松竹での販売はありません。チケットWeb松竹のみの販売。

 

お問い合わせ

歌舞伎座ギャラリー 03-3545-6886(10:00~17:30)

 

 

「歌舞伎座ギャラリー」公式サイト

歌舞伎座ギャラリー特別展「平成歌舞伎三十年博」9月よりリニューアル

2018年12月06日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る