ニュース

「着物で歌舞伎」で笑顔があふれた「新春浅草歌舞伎」

「着物で歌舞伎」で笑顔があふれた「新春浅草歌舞伎」

 1月20日(日)、浅草公会堂「新春浅草歌舞伎」第2部で、「着物で歌舞伎」が開催されました。

 ご来場のお客様に、着物姿でご観劇いただく「着物で歌舞伎」。身も心も日本の伝統文化に染まる、特別なひとときをお楽しみいただく人気の企画です。スタッフもこの日は全員着物姿でお客様をお迎えし、劇場全体がお正月らしい華やかな雰囲気に包まれます。一昨年に復活したこのイベントは、多くのお客様にご好評をいただき、今年も行われることになりました。

 

「着物で歌舞伎」で笑顔があふれた「新春浅草歌舞伎」

 ご来場記念の手拭いは、浅草寺の五重塔と、亥年にちなんだデザインの2種類。どちらもいい記念としてお持ち帰りいただきました!

 開演が近づくなか、色とりどりの着物をお召しになったお客様が次々と来場され、いつにも増して活気づいた浅草公会堂。入場されるお客様に、スタッフから、このイベント限定の記念品が手渡されました。ロビーに設置されたフォトスポットでは、お気に入りの着物姿で、出演者の写真パネルと一緒に記念の一枚を撮影されるお客様も、たくさんいらっしゃいました。

 

 「お年玉〈年始ご挨拶〉」に登場した隼人は、「本日は着物の日、ということで、お着物を召されている方が多くいらっしゃって、本当にありがたく思っております」と、にこやかに語りかけました。「第2部ではすべての演目に出ますので、楽しみにしていてください」と熱演を約束すると、会場が期待に満ちた拍手と笑顔で包まれました。

 浅草公会堂「新春浅草歌舞伎」は26日(土)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットホン松竹で販売中です。

 

「着物で歌舞伎」で笑顔があふれた「新春浅草歌舞伎」

2019年01月21日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る