ニュース

歌舞伎座ギャラリー「第十三回 歌舞伎懐かし堂」のお知らせ

歌舞伎座ギャラリー「第十三回 歌舞伎懐かし堂」のお知らせ

 5月25日(土)、歌舞伎座ギャラリーで「第十三回 歌舞伎懐かし堂」が開催されます。

 松竹が撮影、所蔵している舞台の映像を、歌舞伎座ギャラリーの木挽町ホールで上映し、懐かしの映像をお楽しみいただきます。昨年5月に第一回が始まったこの企画も、皆様から好評をいただき、おかげさまで2年目を迎えることができました。

 

 5月の上映作品は、『色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ) かさね』。百姓与右衛門実は久保田金五郎に孝夫(現 仁左衛門)、腰元かさねに玉三郎という顔合わせで、昭和57(1982)年に歌舞伎座で上演された際の映像をお届けします。

 

 現在も、円熟した舞台をそれぞれ見せている二人ですが、戦後歌舞伎屈指の名コンビとしても知られています。今回上映する映像は、「孝玉コンビ」として一世を風靡している真っ只なかの、37年前の映像です。この二人の共演による名作は数多くありますが、『かさね』もその一つで、海外でも上演され、大好評を博しました。なお、この上演では、二人の出に両花道が使われています。また、清元志寿太夫の浄瑠璃も聞きどころです。

 

 なかなか見る機会のない貴重な映像を、木挽町ホールの床几(一部椅子席)に腰かけて、ご覧いただきます。チケットは全席指定ですので、下記をご覧のうえ、お早めにお求めください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歌舞伎座ギャラリー「第十三回 歌舞伎懐かし堂」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『色彩間苅豆 かさね 』(昭和57年3月歌舞伎座)

百姓与右衛門実は久保田金五郎:片岡孝夫(現 仁左衛門)
腰元かさね:坂東玉三郎

 

 

日時

2019年5月25日(土)18:30開映(18:15開場)

※上映時間は約55分

 

場所

歌舞伎座ギャラリー

(GINZA KABUKIZA 歌舞伎座タワー5階)

 

入場料

全席指定(床几席・椅子席):1,500円(税込)

 

2019年5月3日(金・祝)12:00発売

 

チケットWeb松竹
※チケットホン松竹での販売はありません。チケットWeb松竹のみの販売。

 

お問い合わせ

歌舞伎座ギャラリー 03-3545-6886(10:00~17:30)

 

 

「歌舞伎座ギャラリー」公式サイト

2019年04月18日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る