ニュース

歌舞伎座『絵本牛若丸』特別ポスターが完成

歌舞伎座『絵本牛若丸』特別ポスターが完成

 5月3日(金・祝)から始まる歌舞伎座「團菊祭五月大歌舞伎」夜の部、『絵本牛若丸』の特別ポスターが公開されました。

 歌舞伎座 「團菊祭五月大歌舞伎」で、尾上菊之助の長男、寺嶋和史が夜の部『絵本牛若丸』の牛若丸で、七代目尾上丑之助を名のり、初舞台を踏みます。

 

 『絵本牛若丸』は、昭和59(1984)年の六代目尾上丑之助(現 菊之助)初舞台披露のため、村上元三によって書き下ろされた作品です。時を経て平成から令和へと移りゆく5月、今度は菊之助の息子、丑之助が牛若丸となって、源氏の再興を夢見て旅立ちます。ポスターの中央でしっかりと足を踏ん張って、六韜三略虎の巻を手に持つ牛若丸は、なんとも頼もしい立ち姿を見せています。祖父の菊五郎と吉右衛門、そして父の菊之助をはじめとした多くの俳優らが舞台にそろい、丑之助の歌舞伎俳優としての門出を華やかに祝います。

 

 ポスターの左上には宮崎駿監督による牛若丸と弁慶のイラストが見えます。これは宮崎監督が今回の初舞台を記念する祝幕意匠として提供したもの。意匠の原画は5月公演中の歌舞伎座ロビーで展示される予定です。新しい時代の幕が開く歌舞伎座で、初舞台を踏む七代目丑之助の舞台を、ぜひ劇場でご覧ください。

 初舞台を祝うめでたいポスターは、劇場内ほか、4月22日(月)より東京メトロ主要駅に掲出されます。歌舞伎座 「團菊祭五月大歌舞伎」は、5月3日(金・祝)から27日(月)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットホン松竹で販売中です。

2019年04月19日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る