ニュース

鷹之資勉強会「第六回 翔之會」のお知らせ

 9月28日(土)・29日(日)、国立劇場 小劇場で中村鷹之資の勉強会「第六回 翔之會」が開かれます。

 平成25(2013)年に第一回を開催し、今回、6回目の公演を迎える、鷹之資の勉強会「翔之會」。今年は初世中村富十郎の生誕300年を記念し、初世富十郎が初演をした演目や、天王寺屋ゆかりの演目が並びます。

 

 『石橋』は、鷹之資が平成13(2001)年4月歌舞伎座で、父五世富十郎ととともに、中村大として初舞台を踏んだ、思い入れのある演目。今回は、以前「矢車会」で五世富十郎が十八世勘三郎と踊ったように、素踊りで、特別出演の藤間勘十郎とともに勤めます。続く、『京鹿子娘道成寺』は、初世富十郎が初演した作品。天王寺屋ゆかりの演目に、妹の渡邊愛子が挑みます。今回は、道成寺院主による道成寺縁起絵解きも行われ、より演目への理解が深められます。最後を飾る、『英執着獅子』も、初世富十郎初演の演目。傾城として踊ることが多いこの作品を、今回、鷹之資は赤姫として踊ります。

 

 昨年11月南座『三社祭』の悪玉や、今年3月歌舞伎座『雷船頭』の雷と、前回の勉強会以降、活躍の幅を本公演でも広げてきた鷹之資。「翔之會」では、その日頃の勉強の成果が存分に発揮されることでしょう。ぜひ足をお運びください。

 

━━━━━━━━━━━━━
中村鷹之資勉強会
初代中村富十郎 生誕三百年
第六回「翔之會」
━━━━━━━━━━━━━

一、長唄 石橋(しゃっきょう)

中村鷹之資

藤間勘十郎(特別出演)

 

道成寺縁起 絵解き

道成寺 院主 小野俊成

 

一、長唄 京鹿子娘道成寺(きょうかのこむすめどうじょうじ)

渡邊愛子

 

一、長唄 英執着獅子(はなぶさしゅうちゃくじし)

中村鷹之資

 

 

日時

2019年9月28日(土)

17:00開演(16:30開場)

 

2019年9月29日(日)

11:00開演(10:30開場)

16:30開演(16:00開場)

 

場所

国立劇場小劇場

東京都千代田区隼町4-1

 

チケット

全席指定:9,000円

学生席:3,500円(高校生以下、株式会社オフィスタカヤのみ取扱い)

※すべて税込

 

・株式会社オフィスタカヤ 天王寺屋友の會 03-3536-3231(平日11:00~17:00)

天王寺屋友の會公式サイト(お問い合わせフォームから申込み可)

・国立劇場チケット売場(10:00~18:00) ※窓口販売のみ

チケットWeb松竹 ※チケットホン松竹でのお取扱いなし

 

お問い合わせ

株式会社オフィスタカヤ 03-3536-3231(平日11:00~17:00) お問い合わせフォーム

2019年07月11日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る