ニュース

23万5000人が熱狂、超歌舞伎『夏祭版 今昔饗宴千本桜』

23万5000人が熱狂、超歌舞伎『夏祭版 今昔饗宴千本桜』

 超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』 左より、中村獅一、中村獅童、澤村國矢

 

 

 8月16日(日)、「ニコニコネット超会議2020夏」で「超歌舞伎 Supported by NTT 『夏祭版 今昔饗宴千本桜(なつまつりばん はなくらべせんぼんざくら)』」が上演されました。

 日本最大のインターネット夏祭り「ニコニコネット超会議2020夏」のフィナーレを飾る目玉イベントとして、無料生配信された今回の超歌舞伎。無観客の会場の、舞台上や客席を含めたあらゆるアングルから臨場感のある表情や動きをとらえ、随所にサプライズがちりばめられた作品に、インターネットを通じて約23万5000人の視聴者が熱狂、約1時間の配信の間に、約11万にものぼるコメントが寄せられました。

 

23万5000人が熱狂、超歌舞伎『夏祭版 今昔饗宴千本桜』

 超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』 中村獅童

無観客上演、コメントでの大声援が舞台へ

 『今昔饗宴千本桜』は平成28(2016)年に超歌舞伎の第一回目の作品として上演され、今回は、「夏祭版」と冠されたブラッシュアップ版として上演されました。

 

 冒頭の口上では、裃姿の中村獅童が、まずは新型コロナウイルスによる影響を受けた方へのお見舞いと医療関係者への感謝のことばを述べました。そして今年4月の幕張メッセや、6月の南座で、それぞれ予定していた超歌舞伎の新作上演を断腸の思いで中止し、それでもこのコロナ禍のなかでできることはないかと検討、準備を進め、各所の協力を得て今回の公演が実現した喜びと感謝が伝えられました。

 

23万5000人が熱狂、超歌舞伎『夏祭版 今昔饗宴千本桜』

 超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』 中村蝶紫

 無観客での上演となった今回ですが、「今までの公演での皆様の笑顔、涙、ペンライトを使ってのご声援が、耳と目に焼き付いています」、そして「みんな、コメント待ってるぜ!」と画面の向こうの視聴者に獅童が語りかけ、これに応えてコメントは大いに盛り上がります。初音ミクも舞台に登場し口上が終わると、ダイナミックなオープニング映像が映し出され、一気に『今昔饗宴千本桜』の世界へ。

 

 舞台は神代の昔、千本桜の前に蝶紫演じる初音の前が現れると、映像の青龍が登場。初音の前は戦いを挑むも力およばず、初音ミク演じる娘の美玖姫に後を託して息絶えます。それから1000年後、枯れ果てた千本桜の前に、獅童演じる佐藤四郎兵衛忠信が現れます。この忠信こそ、1000年前、美玖姫の母である初音の前とともに、千本桜を守護していた白狐が転生した姿でした。

 

23万5000人が熱狂、超歌舞伎『夏祭版 今昔饗宴千本桜』

 超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』 初音ミク

オンラインが繋ぐ“一体感”

 最新技術の詰まったARと、生身の俳優との演技のやりとりがスムーズなのがこの超歌舞伎のみどころのひとつ。華麗に舞う初音ミクの細やかな手足の動き、目線の方向、ふわりと揺れる髪など、立体的な映像も目が離せない美しさです。 

 

 無観客の上演ですが、出演者の熱演に、これまで同様ユーザーのコメントが画面に踊り、舞台を盛り上げます。獅童や獅童一門、ミクに対する「萬屋!」「初音屋!」の大向うに加え、アクションを担当する青龍の眷属には「ウロコ屋!」、女流舞踊家たちの千本桜の精には「はなびら屋!」、NTTの最新技術には「電話屋!」と、随所に自由なかけ声がかかり、まるで全員が同じ空間で舞台を楽しんでいるかのような一体感が生まれました。

 

23万5000人が熱狂、超歌舞伎『夏祭版 今昔饗宴千本桜』

 超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』 左より、中村獅一、澤村國矢、中村獅童

新たな響きを生んだ、「数多の人の言の葉を」

 青龍と美玖姫、忠信が戦うクライマックスでは、当日まで伏せられていた今回の配役が明らかになりました。初演時より忠信を演じてきた獅童が悪役の青龍で登場。予想外の配役と、凄みのある獅童の青龍に、配信画面にたくさんのコメントがあふれます。

 

 

23万5000人が熱狂、超歌舞伎『夏祭版 今昔饗宴千本桜』

 超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』 左より、中村獅一、中村獅童、澤村國矢

 サプライズは続きます。獅童の青龍を倒すべく、「疫病退散」の護符が付いた鏑矢を手に登場したのは、これまでの超歌舞伎で立師として立廻りをつくってきた中村獅一。さらに、平成28(2016)年、令和元(2019)年の超会議で青龍を演じた澤村國矢が、昨年の南座でのリミテッドバージョンに続く抜擢で、二人目の忠信として登場。二人忠信という意外な展開と、これまで超歌舞伎を脇から支えてきた二人の活躍に、ユーザーの興奮は最高潮に達します。

 

23万5000人が熱狂、超歌舞伎『夏祭版 今昔饗宴千本桜』

 超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』 左より、澤村國矢、中村獅一、初音ミク

 NTTの超高臨場感通信技術「Kirari!」の「被写体抽出技術」を使って分身した獅童の青龍と二人の忠信が決死の対決を見せ、まさに手に汗握る展開が続きます。今回の「夏祭版」では“疫病の力を用いる”という設定が加えられた青龍。手ごわい大敵の猛烈な反撃を受けて力尽きた二人の忠信が、最後の力を振り絞り「数多(あまた)の人の言の葉を」と呼びかけると、画面はユーザーが打ち込む桜でピンク一色となり、舞台の配信映像では打ち込まれたコメントがARによって無観客の客席から舞台に向かって流れます。

 

 「数多の人の言の葉」とは、初演時から必ず盛り込まれている、超歌舞伎を語る上で欠かせない名ぜりふ。直接会えなくても、どこかで心は“つながれる”。コロナ禍真っ只中で聴く「数多の人の言の葉」は、これまでとは異なる思いもこもった、新しい響きとなって、困難な状況に打ち勝つエネルギーとなりました。

 

23万5000人が熱狂、超歌舞伎『夏祭版 今昔饗宴千本桜』

 超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』

 

獅童、國矢、獅一の“三人忠信”で大熱狂のフィナーレへ

 クライマックスでは、「明るい未来、平和への祈りを込めて」、「いくぞ!」という掛け声とともに、客席に拵えられた特設ステージから獅童の忠信が登場。「千本桜」が流れるなか、獅童が「もっともっと!」とカメラに向かってシャウトすると、画面はそれに応えるコメントで埋め尽くされます。

 

23万5000人が熱狂、超歌舞伎『夏祭版 今昔饗宴千本桜』

 超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』中村獅童

23万5000人が熱狂、超歌舞伎『夏祭版 今昔饗宴千本桜』

 超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』中村獅童

 

 続くカーテンコールでは、獅童が今回の大抜擢の配役に込めた思いや、ファンへの感謝の言葉を語りました。ひと夜限りの夏祭りは、獅童の「皆様もどうかお元気で。また会おうぜ!」という言葉とともに、最高潮の盛り上がりと熱狂のなかに幕を閉じました。

 

23万5000人が熱狂、超歌舞伎『夏祭版 今昔饗宴千本桜』

 超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』上:左より中村獅一、中村獅童、澤村國矢/下:左より中村蝶紫、初音ミク

 

23万5000人が熱狂、超歌舞伎『夏祭版 今昔饗宴千本桜』

 超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』 左より、初音ミク、中村獅童

ファンのコメントがすべての活力に

 配信終了後、獅童は公演を振り返り、「様々な制約があるなかでしたが、無事公演を終えることができました。皆さんから寄せられるコメントがすべての活力となりました。無観客とは思えないような、最後のフィナーレでは、皆さんの笑顔や、ペンライトを振っての声援が目に浮かぶようでした」とコメント。

 

 生配信で視聴したファンには「こちらが勇気や元気を与えなければならない立場ですけれども、皆さんから逆に勇気や元気をいただいてしまい、こちらが感動させられてしまいました。超歌舞伎ファンの皆様、初音ミクさんのファンの皆様の温かさが、今回特に伝わってきましたし、生涯忘れることのできない公演になったように思います。本当に皆様、ご視聴いただきましてありがとうございました」と、心からの感謝を述べました。

 

 ニコニコ生放送では、タイムシフト視聴が可能。これから観る方に向けては、「心置きなく、難しいことは考えずに楽しんでいただければ。ストーリーも大変わかりやすいものになっています。お客様参加型ですので、お子様からお年を召した方まで、お家でぜひペンライトを振りながら、楽しんでいただきたいと思います」とメッセージを送りました。

 

タイムシフト視聴はこちら

※プレミアム会員に登録していただくと、公演の様子を9月16日(水)0:00までご覧いただけます。

 

「ニコニコネット超会議2020夏 Supported by NTT」オフィシャルサイト

2020/08/22