歌舞伎いろは

【歌舞伎いろは】は歌舞伎の世界、「和」の世界を楽しむ「歌舞伎美人」の連載、読み物コンテンツのページです。「俳優、著名人の言葉」「歌舞伎衣裳、かつらの美」「劇場、小道具、大道具の世界」「問題に挑戦」など、さまざまな分野の読み物が掲載されています。



芸道:九世三津五郎ゆかりの隈取の筆

巳之助さんの祖父にあたる九世坂東三津五郎が使用していた隈取の筆。「この筆は普通のものよりちょっと太めですので、やや荒っぽい感じになります。近くで見ると雑に見えるくらいのほうが、客席から見たときに力のある隈取になると先輩方がよくおっしゃいます。僕も、これを使うと力強い線が出るので、いい隈が取れるように感じています」

1995年(平成7)年11月歌舞伎座『寿靫猿(ことぶきうつぼざる)』
「祖父は僕が9歳のときに亡くなりました。役者としての祖父の記憶はあまりないのですが、おじいちゃんとしての想い出はたっぷりあります。怪獣ごっこにも真剣に付き合ってくれて、僕も『じいじ、じいじ!』とすごく慕っていました」

 ここ数年、巳之助さんの歌舞伎へ出演はめきめきと増えています。特に昨年は重要な舞台が多く、10月には追善狂言として父の坂東三津五郎さんとともに『連獅子』(新橋演舞場)で狂言師左近後に仔獅子の精を演じ、気迫のこもった親子の舞が話題となりました。また、7月には曾祖父にあたる八世坂東三津五郎が作り上げた舞踊劇『馬盗人(うまぬすびと)』を好演。客席を大いに楽しませてくれました。
 歌舞伎の道への迷いもあったと素直に公言している巳之助さん。21歳の今、歌舞伎にどんな風に向き合い、何を感じているのでしょうか。まずは「芸に向かうひたむきな横顔」を探る手がかりとして、歌舞伎に関する大切な品を見せていただきました。



―一般では見慣れない筆ですが、何に使われるものですか?
これは祖父(九世坂東三津五郎)が隈取をするときに使っていた筆です。祖父は僕が9歳のときに亡くなっているのですが、この筆は祖父からいったんお弟子さんに預けられ、その後、僕の手元にやってきました。

僕がこの筆を初めて使わせていただいたのは坂東会の舞踊会で父と『連獅子』をやったときです(2005年9月22日「坂東会創立八十五周年記念舞踊会」)。16歳でした。僕は隈を取るお役はそんなにやらせていただいていないのですが、これまでに『紅葉狩』の山神(2008年8月歌舞伎座)や『暫』の小金丸(2010年7月新橋演舞場)などでも使わせていただきました。

昨年10月の『連獅子』は祖父を含めた三代の追善でしたので(※)、この筆を使いたかったのですが、筆先がかなり固くなっていたので断念しました…。これからもずっと使っていきたいので、きれいに手入れをしたいと思っています。

―歌舞伎の道に迷われた時期があったそうですが、いつごろ覚悟を決められたのですか?
17~18歳のころです。自分でも不思議なんですが、銀座あたりを歩いていて、ふと気持ちが固まったんです。本当に、「そうだ!」という感じで。そのころは、父に許しをもらって歌舞伎の舞台に全然立っていなくて、バイトをしたりバンドをやったりしてたんですけど、それで気持ちがリセットできたことも大きいのかなぁと。それからは、まったく気持ちがぶれなくなりましたね。

―昨年は充実した舞台を重ねられたと思いますが、特に印象に残った演目は?
10月の追善は、やはり特別でした。それに加えて言うなら、三津五郎家ゆかりの演目『馬盗人』でしょうか。笑いを誘う面白い趣向の演目なのですが、お客様がとても楽しまれているのが舞台の上にも伝わってきて、本当にうれしかった!

僕はまだまだ経験が浅いので、こういうユーモラスな演目ほど肩に力が入ってしまうんです。一緒に舞台に出ている父からは「ならず者すぎて、愛嬌がないよ」などいろいろアドバイスをもらいました。どれだけ父の理想に近づけたかはわかりませんが、1カ月間、じっくり取り組むなかで、自分自身の持ち味について少し方向性が見えたような気もしています。いろんな意味で、思い入れのある演目でしたので、今年の『かぶき手帖2011年版』のプロフィール写真には、このときの舞台写真を使っていただいています。



※2010年10月、新橋演舞場にて「七世坂東三津五郎五十回忌 八世坂東三津五郎三十七回忌 九世坂東三津五郎十三回忌 追善狂言」として『連獅子』『神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきょくまり) どんつく』が上演された。
―かわいらしいお猿さん、そして『蘭平物狂(らんぺいものぐるい)』ではお祖父様、お父様と並んでの劇中口上があったのですね。
初舞台のときは祖父の楽屋に入れてもらっていて、とにかく楽しかったという印象が残っています。自分では記憶がないのですが、揚幕が開くときのチャリンという音を聞くと、すごくテンションが上がっていたらしいです(笑)。
父は、たくさんの演目に出ている上に自分の息子が初舞台ということで、とてもピリピリしていました。「お父さん、すごく怖いな」と幼心に感じた記憶があります。その分、祖父はとても優しくて、この口上の写真を見ても、本当に嬉しそうですよね。一方、真ん中の父はすごい形相!(笑) でも、もしも自分が父の立場だったらと想像すると、かなり神経質になると思います。こうして振り返ってみると、祖父と父に見守られた、幸せな初舞台だったと思います。
前のページへ 1 2 3 4 次のページへ

芸の眼差し、遊の素顔

父譲りの長身ながら、真摯に勉強を重ね、尊敬するあの名優の言葉を本からすくい取り、女方の道を実直に進まれている、坂東新悟さんの登場です。—2011.06.29

昨年6月に『重戀雪関扉』で坂東玉三郎さんを相手に恋人役の宗貞を好演し、話題を集めた中村隼人さん。現役高校生である隼人さんの歌舞伎とプライベートとは?—2011.02.10

役と同じ19歳で『曽根崎心中』のお初という大役に挑み、見事に演じきった中村壱太郎さん。歌舞伎でもパソコンを駆使し、大好きな"漫画"の話に目を輝かせる20歳の大学生、誰もが認める好青年の登場です。—2011.01.07

ほのかな艶を含んだ娘役など若女方を中心に、多くの舞台で活躍されている中村梅枝さん。ダーツやゴルフに熱中していること、由緒ある鏡台への思い入れ、愛犬ランちゃん・ラブちゃんのことなど、素直にいろんな気持ちを語っていただきました。—2010.12.09

凛々しい若手立役として期待を集めている中村種太郎さん。今年9月からは屋号が萬屋から播磨屋となり、今後の舞台での活躍がますます期待されます。写真がご趣味という種太郎さん。赤いトイカメラで、どんな写真を撮られているのでしょう...。—2010.11.10

美しい若衆、若女方として活躍している尾上松也さん。お持ちいただいた"大切な品"を手がかりに、「芸に向かうひたむきな横顔」、「ひとりの青年としての素顔」に迫りました。プライベート写真も公開中です!—2010.10.08

ページの先頭へ戻る