ニュース

『風の谷のナウシカ』歌舞伎上演決定

『風の谷のナウシカ』歌舞伎上演決定

(C)Studio Ghibli

 2019年12月、新橋演舞場で新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』が上演されることが発表されました。

 1982年2月号の『アニメージュ』で連載が始まった宮崎 駿の『風の谷のナウシカ』。その2年後にはアニメーション映画となり、今度は初めて歌舞伎として上演されることになりました。

 

ナウシカは菊之助、クシャナは七之助

 全7巻からなる原作漫画の世界を、昼夜通し上演でお見せしようという今回の歌舞伎。連載途中で映画化された内容とは異なり、原作漫画のすべてを上演します。

 

 辺境の小国「風の谷」の族長の娘である主人公のナウシカ、そして、ナウシカと対をなす大国トルメキアの司令官である皇女クシャナ。海外でも出版され、映画も上映されて世界に知られるヒロインたちが、歌舞伎の女方としてどのように表現されるのか、おおいに期待が高まります。ナウシカは菊之助、クシャナは七之助が勤めます。そのほかの出演には、松也、巳之助、尾上右近が発表されました。

 

原作漫画の世界を余すことなく歌舞伎に

 途中に、映画制作のためなどの中断を挟みながら1994年3月号まで、足掛け13年連載された原作漫画は、単なるSF漫画、ファンタジー漫画という枠を超え、作者、宮崎のさまざまな思いが込められた一大叙事詩とも呼べる大作。また、架空の生物や巨大な武器兵器など、およそ歌舞伎には登場しない要素があふれます。

 

 脚本は、映画『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)や『コクリコ坂から』(2011年)で、宮崎との共同脚本に名を連ねる丹羽圭子。演出は、今年8月に新橋演舞場で上演された新作歌舞伎『NARUTO -ナルト-』を手がけたG2です。どうぞ、ご注目ください。

 

 

新橋演舞場 新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』公演情報

2018年12月13日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る