ニュース

「オフシアター歌舞伎」『女殺油地獄』配役発表

「オフシアター歌舞伎」『女殺油地獄』配役発表

 5月に寺田倉庫と新宿FACEで上演される「オフシアター歌舞伎」『女殺油地獄』の配役が発表されました。

 中村獅童の新たな挑戦として注目を集める「オフシアター歌舞伎」。出演者の顔ぶれも話題を呼んでいましたが、このたび、ついに配役が発表されました。

 

 中村獅童は、平成18(2006)年に三越劇場で初役として演じて以来、2度目となる河内屋与兵衛。中村壱太郎は、お吉と芸者小菊の2役を勤めます。上村吉弥は母おさわ、嵐橘三郎は父徳兵衛、そして演出・脚本の赤堀雅秋も、佐藤小兵衛として出演します。歌舞伎初出演となる荒川良々は、豊嶋屋七左衛門と白稲荷法印の2役に挑むこととなりました。

 

 「オフシアター歌舞伎」ならではの配役で、これまでに見たことのない舞台が期待される、『女殺油地獄』。新しい時代の始まりに、倉庫とライブハウスという新しい劇空間でのお芝居を体感しに、ぜひご来場ください。

 「オフシアター歌舞伎」は5月11日(土)~5月17日(金)天王洲 寺田倉庫5月22日(水)~29日(水)歌舞伎町 新宿FACEでの公演です。チケットの詳細は、それぞれの公演情報をご確認ください。

 

「オフシアター歌舞伎」特設サイトはこちら

 

2019/04/19