ニュース

吉右衛門、幸四郎、菊之助、歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」初日に向けて

吉右衛門、幸四郎、菊之助、歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」初日に向けて

 

 

 9月1日(日)に開幕した歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」の初日を前に、出演の中村吉右衛門、松本幸四郎、尾上菊之助が、公演に向けての思いを語りました。

秀山祭で伝える初代吉右衛門の魅力

 すっかり歌舞伎座9月公演の恒例となった秀山祭。今年も、初世吉右衛門ゆかりの演目が並びます。吉右衛門は、「初代吉右衛門は、『幡随長兵衛』にしろ、『沼津』にしろ、『寺子屋』にしろ、『松浦の太鼓』にしろ、皆さんの気持ちをぎゅっとつかんだ役者だったということを、歌舞伎座で芝居を観ていただいて、少しでもわかっていただけたら幸せでございます」と、思いを込めて挨拶しました。

 

 秀山祭について、「特別な公演としてとり組ませていただいております」と切り出したのは、初世吉右衛門を曽祖父にもつ幸四郎です。「この9月は、特に大きなお役でございます。その一日、その一回を、100パーセントで勤めきりたい」と、真剣な口調で語りました。

 

 菊之助は、「三代目歌六さんの百回忌追善の秀山祭に、岳父のもと、私そして丑之助とともに出演がかない、こんなにうれしいことはありません」と話し、「毎年、岳父のそばに出させていただき、一つひとつご指導いただいて、財産をいただいている気持ち」と、秀山祭へ出演する喜びを明かしました。

 

『寺子屋』の型を忠実に

 この日舞台稽古が行われた『寺子屋』について、初世吉右衛門は「源蔵も松王丸も勤め、両方とも好評を得た」と語った吉右衛門。「いろんな型が残っておりますが、私の家に伝わる型を忠実に再現できたらなと。忠実に再現できてこそ、皆さんのお心をつかめるんじゃないかと思っております」。自らが幼い頃に勤めた菅秀才を演じる、孫の尾上丑之助については、「緊張はしておりますけれども、心の底では微笑んでおります」と、顔をほころばせました。

 

 今回勤める源蔵を、吉右衛門から教わっている幸四郎は、「こんな幸せな時間はないと思っております。おじ(吉右衛門)のような芝居ができるように、ということを目指していますので、本当に今月は楽しみです」と気合十分。吉右衛門が演じる松王丸の妻、千代を勤める菊之助は「岳父の女房ということで、また舞台には丑之助もおりまして、2倍の緊張でございます。その緊張に負けないように、岳父の芸に食らいついて、自分の役になりきって勤めたい」と気を引き締めました。

 歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」は9月1日(日)から25日(水)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットホン松竹で販売中です。

2019年09月03日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る