ニュース

歌舞伎チャンネル12月番組のお知らせ

歌舞伎チャンネル12月番組のお知らせ

 林家正蔵と仁左衛門がトークを繰り広げるのは、第四期歌舞伎座の貴賓室。ファンの心を代弁する正蔵に、仁左衛門が丁寧に応えています

 12月、ニコニコチャンネル内の「歌舞伎チャンネル」では、「正蔵の聞いたか聞いたぞ」第1回(ゲスト片岡仁左衛門)と、「芸に生きる」桂歌丸を配信します。

 「歌舞伎チャンネル」は松竹の公式動画配信サイトとして、月額会員費540円(税込)にて、会員限定でご覧いただける動画がラインナップされています。

 

 今月、新たに配信が始まったのは、伝統文化放送で放送された「正蔵の聞いたか聞いたぞ」。落語家の林家正蔵が歌舞伎俳優をゲストにまねき、舞台や芸のこと、プライベートまで、広く深くインタビューしたトーク番組です。今回は記念すべき第1回のゲスト、片岡仁左衛門の回を配信します。歌舞伎をよく見ている正蔵の問いかけが的確なこともあり、仁左衛門からは歌舞伎ファンの心をくすぐる話がいくつも飛び出し、聞き逃せない52分となっています。

 

歌舞伎チャンネル12月番組のお知らせ

 歌丸さんがどれだけ歌舞伎が好きだったか、ひしひしと伝わってくる「芸に生きる」。いち歌舞伎ファンとして、うれしそうにしゃべる姿がなんとも素敵です

 もう1本も、伝統文化放送で放送された番組「芸に生きる」。今年の夏、惜しまれながら亡くなった落語家の桂 歌丸の出演回、「歌舞伎役者になりたかった落語家――桂 歌丸」を配信します。歌舞伎でもお馴染みの『牡丹燈籠』『真景累ヶ淵』といった円朝の演目を得意とし、若き日から歌舞伎へ通った歌丸さんならではの内容は、目から鱗の話ばかり。高座の一席を聞いているかのような心地よい語り口に、ついつい時間を忘れてしまいます。年明けからは、松也が桂歌丸役で出演するBS日テレのドラマ2本のテレビ放送も予定されており、あわせてご覧いただくとお楽しみも倍増です。

 どちらも今となっては、ここだけでご覧いただける貴重な映像です。ご視聴にはあらかじめ「歌舞伎チャンネル」へのご登録が必要ですので、下記より、ニコニコチャンネルのサイトでお手続きください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歌舞伎チャンネル「正蔵の聞いたか聞いたぞ」

第1回 片岡仁左衛門

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲスト: 片岡仁左衛門
  林家正蔵

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歌舞伎チャンネル「芸に生きる」

「歌舞伎役者になりたかった男――桂 歌丸」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲスト: 桂 歌丸
  鈴木治彦(聞き手、フリーアナウンサー)

 

 

視聴方法

 事前に「歌舞伎チャンネル」への入会をお願いします(ニコニコ一般会員、ニコニコプレミアム会員とは別途、手続きが必要)。現在、有料チャンネル入会月(初月)の月額料金が無料になるサービスもあります。詳しくは、ニコニコチャンネルのサイトでご確認ください。

 

 

「歌舞伎チャンネル」はこちら

2018年12月14日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る