ニュース

御園座「第五十回記念 吉例顔見世」初日の賑わい

 『狐と笛吹き』 左より、中村梅玉、中村雀右衛門、中村錦之助

 10月2日(水)、御園座で「第五十回記念 吉例顔見世」の幕が開きました。

【大きなサイズの舞台写真は、ページ下部でご覧いただけます(PCのみ)】

 今年でいよいよ50回を迎えた名古屋の「吉例顔見世」は、今昔物語を題材にした『狐と笛吹き』で幕を開けました。梅玉が春方を、雀右衛門がともねを、錦之助が春方の友人秀人を演じます。春方とともねが四季を通して深い情愛を結んでいく様子、そして最後に訪れた切ない結末が、観る者の心に余韻を残しました。

 

 『双蝶々曲輪日記 角力場』 左より、中村鴈治郎、中村獅童

 『双蝶々曲輪日記 難波裏』 左より、中村獅童、中村鴈治郎

 

 『双蝶々曲輪日記 引窓』 左より、中村獅童、片岡仁左衛門、片岡孝太郎、上村吉弥

 続いての演目は、『双蝶々曲輪日記』。今回は、よく上演される「角力場」と「引窓」に加え、この二つの場面のつながりがわかる「難波裏」を加えての上演です。大坂らしい風情があふれる「角力場」では、鴈治郎の放駒と獅童の濡髪が、一歩も引かぬ達引を見せます。「難波裏」では濡髪が人を殺める顛末が明らかとなり、物語は「引窓」へ。仁左衛門の南方十次兵衛と、孝太郎の女房お早らのもとへ現れた濡髪。家族が互いを思う心が描かれた、十次兵衛たちの厚い人情が胸を打つひと幕です。

 『碁太平記白石噺』 左より、片岡孝太郎、中村雀右衛門、中村梅玉

 夜の部は、江戸時代に実際にあった事件をもとに描かれた『碁太平記白石噺』から始まります。場面は梅玉が勤める大黒屋惣六の営む揚屋。雀右衛門が勤める宮城野と、孝太郎が勤める妹の信夫の再会を描きます。殺された父の仇討ちを誓う姉妹に、侠気ある計らいを見せる惣六の姿が印象的です。

 

 『身替座禅』 左より、片岡仁左衛門、中村鴈治郎

 中幕は仁左衛門の山蔭右京、鴈治郎の奥方玉の井による『身替座禅』。恐妻家の右京は、錦之助演じる太郎冠者に自分の身替りをさせ、恋人との逢瀬に向かいます。戻った右京が浮気の一部始終を語り、鬼の形相となった玉の井に追われる場面では、客席中が笑いに包まれました。

 

 『瞼の母』 左より、中村獅童、片岡秀太郎

 切は長谷川伸の代表作の一つ、『瞼の母』です。母おはまを秀太郎が、生き別れの息子、忠太郎を獅童が勤めます。久しぶりの再会を果たしたおはまと忠太郎の、胸に迫るやりとりがぐっと観客の心をつかむなか、幕となりました。

 御園座「第五十回記念 吉例顔見世」は26日(土)までの公演。チケットは、御園座チケットWeb松竹ほかで販売中です。

 

 

御園座「第五十回記念 吉例顔見世」初日の賑わい

 『狐と笛吹き』 左より、中村梅玉、中村雀右衛門、中村錦之助

御園座「第五十回記念 吉例顔見世」初日の賑わい

 『双蝶々曲輪日記 角力場』 左より、中村鴈治郎、中村獅童

御園座「第五十回記念 吉例顔見世」初日の賑わい

 『双蝶々曲輪日記 難波裏』 左より、中村獅童、中村鴈治郎

御園座「第五十回記念 吉例顔見世」初日の賑わい

 『双蝶々曲輪日記 引窓』 左より、中村獅童、片岡仁左衛門、片岡孝太郎、上村吉弥

御園座「第五十回記念 吉例顔見世」初日の賑わい

 『碁太平記白石噺』 左より、片岡孝太郎、中村雀右衛門、中村梅玉

御園座「第五十回記念 吉例顔見世」初日の賑わい

 『身替座禅』 左より、片岡仁左衛門、中村鴈治郎

御園座「第五十回記念 吉例顔見世」初日の賑わい

 『瞼の母』 左より、中村獅童、片岡秀太郎

2019/10/07