上方歌舞伎・想い出の俳優



五世市川市十郎

 明治三十九年、京都で楽屋に出入りする鮨屋「寿司政」の息子に生れ、四十五年南座で初舞台を踏む。大正二・三年頃、實川延童(二世延若の門弟)となり、童之助と名乗り、主に京阪の中小芝居で修行経験をつむ。後年の知識博覧は、この期に培ったものであろう。

 昭和二十四年、坂東簑助(後の八世三津五郎)の門下となり、大作。二十六年簑三郎と改名して名題昇進。二十七年一月中座『義経千本櫻-すし屋』の弥左衛門を勤めて、関西の由緒有る名跡小紅屋市川市十郎を五代目として襲名。上方歌舞伎の老巧な脇役として活躍した。

028.jpg

 又、戦後の関西歌舞伎の立師(たてし)として重用され、数々の名型を残している。中でも『油地獄』と『曾根崎心中』の生玉の立ちまわりは、立師市十郎の代表作で今日も踏襲されている。上方狂言では『小さん金五郎』、江戸狂言では『野晒悟助』などで、伝統を踏まえた上で、独自の工夫を見せた。

 身体全体から滲み出してくるような上方らしい味とねばりの有る芸風で、少し口先に押し詰めるような口跡も独特で『伊勢音頭』の丈四郎、同じく北六、『紙治』の善六などを持ち役にしたが、取り分け近松物の『油地獄』の金貸し小兵衛、『冥途の飛脚』の亀屋番頭、『心中天網島』の大和屋伝兵衛等、短い出番の中で、いかにも近松の世界の人物を活写した。故実にも通じ、『仮名手本忠臣蔵』の大序の雑色で、顔世を呼び出す格調など、近頃滅多に見ることが出来ない。

 晩年は関西歌舞伎の興行が激減し、立師として、また貴重な脇役として腕の見せ所が少なくなったのは、我ひとともに心残りだが、資料の収集や、後進の指導にも熱心で、度々誘われたがついに東京に籍を移す事無く、大阪で全うした。

 昭和五十四年、南座の顔見世の『籠釣瓶』の白倉屋万八を最後として舞台に立つことはなかったが、しばしば自適のお宅を訪ね、楽しい芝居の昔話を聞かせてもらったのも懐かしい思い出である。

(明治三十九年1906~昭和五十八年1983)


奈河彰輔(なかわ・しょうすけ)

 昭和6年大阪に生まれる。別名・中川彰。大阪大学卒業。松竹株式会社顧問。日本演劇協会会員。

 脚本『小栗判官車街道(おぐりはんがんくるまかいどう)』『慙紅葉汗顔見勢(はじもみぢあせのかおみせ)』『獨道中五十三駅(ひとりたびごじゅうさんつぎ)』ほか多数。大谷竹次郎賞、松尾芸能賞、大阪市民表彰文化功労賞、大阪芸術賞。

 関西松竹で永年演劇製作に携わりつつ、上方歌舞伎の埋もれた作品の復演や、市川猿之助等の復活・創作の脚本・演出を多数手がけている。上方歌舞伎の生き字引でもある。

上方歌舞伎・想い出の俳優

ページの先頭へ戻る