歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

歌舞伎 今日のことば・ことばで知る歌舞伎の世界




 幕開きや幕切れで「チョンチョンチョン・・・・」と響く音が馴染み深いと思います。一般的には「拍子木」と呼びますが、芝居の世界では、ひとこと「柝(き)」ということが多いようです。

 これを打っているのは狂言作者(関西では狂言方)という職種のスタッフで、舞台の進行役をつとめます。演目それぞれに担当が付き、その芝居の幕開きから幕切れまで責任を持ち、様々なタイミングで柝を打ちます。演じる俳優との呼吸が大切ですので、最後のセリフで「チョン」と柝を打つ一瞬などは特に神経を集中します。(K)



解説

歌舞伎 今日のことば・ことばで知る歌舞伎の世界

ページの先頭へ戻る