歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

南座「十月大歌舞伎」イヤホンガイドでは製作発表の一部を放送

南座「十月大歌舞伎」

 平成二十三年度文化庁芸術祭参加公演である京都四條南座「十月大歌舞伎」では、法然上人八百年大遠忌記念狂言として、新作歌舞伎『墨染念仏聖 法然上人譚』が上演中です。

 法然上人を演じるのは、法然上人の教えを理念として作られた洛東の東山中学校に通い、昨年3月には「法然上人をたたえる会」の会長に就任した坂田藤十郎。法然上人を演じることに喜びと責任を感じているようで、9月中旬に都内で行われた製作発表でも、公演への熱い思いを語っていました。
 
 番附(プログラム)には、製作発表時の写真掲載があるほか、イヤホンガイドでは『墨染念仏聖 法然上人譚』開演前の幕間で、製作発表の一部を放送しています。

 番附は1階案内所等で好評発売中。イヤホンガイドは正面入り口及び1階右側奥のカウンターで貸出をしていますのでご利用ください。


イヤホンガイドホームページ
同時解説イヤホンガイドとは?

2011年10月04日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る