歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

吉右衛門、又五郎、歌昇が語る「松竹大歌舞伎 中央コース 西コース」

松竹大歌舞伎 又五郎 吉右衛門 歌昇
 平成25年度(公社)全国公立文化施設協会主催「松竹大歌舞伎」で、7月1日(月)~30日(火)「中央コース」と、8月31日(土)~9月25日(水)「西コース」に出演する中村吉右衛門、中村又五郎、中村歌昇が、この2つの巡業公演についての思いを語りました。

襲名披露もラストスパート
 平成23(2011)年9月に新橋演舞場を皮切りに計6劇場で行われた又五郎、歌昇の襲名披露興行。「襲名についての気持ちは変わりませんが、先輩方に教えていただいたことを守っていかなくてはという気持ちが、一層強くなりました」と又五郎が言うと、歌昇も「襲名に当たってご協力いただいた皆様への感謝を、いかに舞台でお返しできるかが課題。芝居を観て教わって、吸収していく気持ちを持ち続けています」と、全国公演でも変わらぬ熱意で臨む旨を語りました。

『番町皿屋敷』青山播磨と『沼津』十兵衛
 「若手が頑張っていますので、私も負けないように頑張って勤めたい」と言う吉右衛門が演じるのは、中央コース『番町皿屋敷』の青山播磨、西コース『沼津』の十兵衛です。青山播磨については、「若さ、純粋さを舞台の上で取戻し、これからの役者人生、その純粋さをもってやっていきたいと思います。若さゆえの過ちもありながら、清々しさのような若さのいい面を再認識してもらえれば」と意欲を語りました。

 一方の『沼津』については、「父と子の生き別れを描いた愛情の物語に仇討ちが絡む、庶民のお話。親子の感情を描いた大好きな話で、最後は涙なくして見られません」と紹介。例年、秋には全国の小学校を訪問し、子どもたちに歌舞伎の面白さを伝える活動を続けている吉右衛門は、「小学生だった人たちが、この芝居を見に来てくださるかもしれない。そして"あのときのおじさんがこんな若い役をやるんだ"と、面白がってくれればいいですね。親近感がわくと理解も深まるような気がしますから」と、全国公演での楽しみを見出している様子でした。

念願だった親子での『連獅子』
 両方のコースで親子連獅子を披露することになった又五郎は「せがれが歌舞伎俳優を志して以来、いつかは親子で『連獅子』をやりたいと思っていました」と、念願がかなう嬉しさを話しました。毛振りの演出もみどころの一つですが、「豪快、かつ品よく、勇ましく勤めて、お客様が気持ちよく劇場を後にしていただければいいですね」。

 「又五郎という名を少しでも知っていただけるように、一日一日、懸命に勤めたい」と、あらためて襲名披露にかける気持ちを語ると、『連獅子』は大好きな演目という歌昇も「懸命に勤めます」と続け、夏の暑さに負けない熱い巡業公演を期待させる会見となりました。

「松竹大歌舞伎 中央コース」の公演情報はこちら

「松竹大歌舞伎 西コース」の公演情報はこちら

2013年05月17日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る