歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

歌舞伎座ご来場者数100万名様を達成

100kabukiza_a.jpg

 12月8日(日)昼の部で、歌舞伎座新開場後のご来場者数が100万名様に達しました。

 歌舞伎座は今年4月2日に新開場、興行も9カ月目に入り、歌舞伎座新開場柿葺落「十二月大歌舞伎 仮名手本忠臣蔵」8日昼の部で、ご来場のお客様が100万名様に達しました。これを記念し、歌舞伎座では昼の部ご来場のお客様に、御礼の品を進呈。思わぬプレゼントにびっくりされたお客様も、「いい記念になる」と、笑顔で受け取られていました。

歌舞伎座来場者数100万名様を達成

 また、劇場を入った1階大間(ロビー)には、歌舞伎座の座旗とともに「御来場壱百萬名様達成」と書かれた懸垂幕も飾られ、記念撮影をされるお客様も大勢いらっしゃいました。

 歌舞伎座では当初、新開場柿葺落興行1年間でご来場者110万名様を目標に掲げていましたが、年内で100万名様という数字に達したことについて、船越直人歌舞伎座支配人は、「まずはお客様皆様に御礼申し上げたいと思います。皆様の休場中の歌舞伎座への思いの強さ、そして、大変ありがたいことに皆様の新開場へのご期待が大きかったことが、今日の100万名様につながっていると思っております」と話し、「これからも多くの人々に愛される劇場、日本を代表する劇場としてのご期待に応えてまいりたいと思います」と、力強い言葉で締めくくりました。

歌舞伎座来場者数100万名様を達成

2013年12月08日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る