歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

猿之助が語るスーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』

猿之助が語るスーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』

(C)尾田栄一郎/集英社


   


 10月7日(水)から新橋演舞場で始まる スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』の演出・出演の市川猿之助と、脚本・演出の横内謙介が、作品についての思いを語りました。

世界に誇る人気作を歌舞伎にという挑戦
 「猿之助ならできる、と思われたことに対する喜び、そして使命感」――。世界中にファンの広がる漫画『ONE PIECE』を歌舞伎にする企画で、自分に白羽の矢が立ったことを“縁”に感じたと言う猿之助は、この舞台に挑戦する理由をそう表しました。

 これだけの人気作となると、漫画『ONE PIECE』のファン、歌舞伎ファンの誰もに受けるものはない、ならば…「『ONE PIECE』を知らない人にも楽しんでいただける作品にすることを中心に」、それが猿之助と横内が出した結論でした。

猿之助の腕は本当に伸びるのか!?
 猿之助が演じるのは『ONE PIECE』の主人公、ルフィ。“ゴムゴムの実”を食べたため、一生泳げない代わりにゴム人間になります。「歌舞伎にゴムの表現がないのが悩みどころ。歌舞伎的な手法にするか、現代的な手法を使うのか」、まだまだ模索中です。

 また、「頂上戦争編でのルフィは『義経千本桜』の義経のように、物語の主人公ではありますが、あまり活躍はしていません。ですから、早替りができて、女方の特性を活かすために」と、ほかに、女帝にして女海賊のハンコック、海賊団船長の赤髪のシャンクスも勤めます。「豪華な衣裳を着たいので、ハンコックで派手に!」と、目を輝かせました。

 早替りはスーパー歌舞伎に欠かせない演出の一つですが、今回は、「新橋演舞場初となる斜め宙乗りをはじめ、本水などありとあらゆるスペクタクルを使います。そして、尾田先生のおっしゃる美しい光景をお見せします」。原作者の尾田栄一郎氏からは、会見に向けて「猿之助さんはすべての所作が美しいのが歌舞伎と言われました。つまり、この作品は海賊と美しさのコラボレーション。すごいものになるという予感しかいたしません」とのコメントが寄せられており、猿之助はそれに応えたことになります。

猿之助が語るスーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』スーパー歌舞伎が四代目へ継承され進化する
 三代目猿之助(猿翁)と90年代にスーパー歌舞伎を生み出してきた横内は、「自分は澤瀉学校の留学生と言っているのですが、いかに歌舞伎がすごいかを三代目に叩きこまれました。今回はご恩返しを含めて頑張りたい」と意気込みを見せます。「初めて『ONE PIECE』の世界に触れられるお客様に理解してもらうことが、私の仕事かなと思っています」。

 原作を読んでできるわけがないと思うところもあったけれど、「これだけ神話的な、巨大な物語ですから、たとえこの船が難破しようとも王道を行こうと。まだ見ぬ秘宝を探しに今日から旅に出る感じです」と横内。今回は猿之助とともに演出にもあたります。「三代目のやっていないことを意図的に考え、スーパー歌舞伎を古典化しようとせず、いかに進化させるかを考えていらっしゃる。四代目はさらに先へ行こうとしている」、だから、新たな試みを楽しみにしていると語りました。

歌舞伎に向いているのはどこか
 「麦わらの一味の勢揃いがあるといいのではないか。また、知らない人にもわかりやすいのは大きな戦いの場面では」と、現在78巻刊行中という長い物語から横内が選んだのが、「頂上戦争編」です。猿之助も、「歌舞伎は昔から、長い物語の一部をクローズアップして上演してきましたから、ふさわしい上演形式だと思います」と、自信をのぞかせました。

 「原作があるものを作品にするのは一番難しい」と断言する猿之助は今回、あえて原作を読まず、「素人が持つ疑問を大事にする」と言います。「本当に好きな者同士がこだわってつくると、『ONE PIECE』を知らない人の目線がなくなってしまうので、尾田先生からいただいた全巻は手元にありますが、触れないようにしています」。

スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』市川猿之助(C)松竹株式会社

▲ スーパー歌舞伎II(セカンド)
 『ワンピース』市川猿之助(C)松竹株式会社

 「素晴らしい原作があるので、ストーリーはほぼ原作どおりに。せりふも歌舞伎の言葉にしない」(横内)、「いつもなら自分がやってしまうような場を、次の世代の若手に譲り、巳之助君や隼人君たちにも大活躍してもらう」「子どもも一緒に盛り上がれる仕掛けをしたい」「火の戦い、氷の戦いはスペクタクルをお見せする」(猿之助)と、構想やアイディアは少しずつ固まりつつあるようです。

 白塗りのルフィの扮装も公開されましたが、「今日は後戻りできない航海に出発したところ。初日までにどんどん進化します。お客様とともに作品の誕生を待ちたい」と猿之助が言ったように、まだまだ未知数にあふれ、期待は膨らむばかり。スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』の誕生はこの秋、10月7日(水)です。

 

 10月分のチケットは、8月20日(木)より チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイトチケットホン松竹にて販売予定です。

※澤瀉の「瀉」のつくりは、正しくは"わかんむり"です。

2015年07月29日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る